読書にて自分を磨き活かしてく

家族と楽しく過ごし、自分を磨き、貴重な人生を楽しむ!

【手帳活用 9】お気に入りのボールペン デザイン重視

気に入りのペンを持っていると、手帳を使う楽しさが倍増します。
ボールペン紹介の2回目。今回はデザイン重視です。

こんにちは。人生を楽しみたい「じゅんや」です。

 

「手帳活用」の9回目。
前回までは

  • 手帳を使うとストレス軽減、生活に充実感
  • 手帳を上手に使うには、第一世代の手帳「メモ」から順にマスターする
  • メモを「使える情報」にする具体的な使い方
  • 手帳やメモの習慣化のコツは、楽しむこと
  • お気に入りのボールペンを使って手帳を楽しもう

を説明してきました。
(前回の記事はこちら)↓

jun8tana.hatenablog.com

 

前回に引き続き、手帳やメモを楽しむ例として、僕が気に入ったペンを紹介します。
気に入ったペンを探すこと自体が楽しいですし、気に入ったペンが見つかると、手帳やメモを使うことが楽しくなります。

今回は、最近の記憶に残っている8種類のペンのうち、4本目~6本目の紹介です。

ボールペンの機能面では前回紹介した「サラサクリップ」と「フリクションボール3」に満足していました。

でも、人があまり使っていないボールペンを持ちたいという欲求が出てきました。
今回はデザイン重視で、数千円程度のちょっと高めのボールペンを紹介します。

 

ステッドラーの「アバンギャルド

このボールペンは、デザインに惹かれました。
カッコいい。

塗装がとてもキレイです。

f:id:jun8tana:20181117061235j:plain

f:id:jun8tana:20181117061258j:plain

 

こんなに細いのに多機能。
3色のボールペン+シャープペンが備わっています。
しかも軽い。機械的な精巧さにも惹かれました。

f:id:jun8tana:20181117061254j:plain

 

ステッドラー社はドイツの文具メーカ。
製図用品も扱っているようです。
僕は機械系のエンジニアなので、学生の頃は手書きで図面を書いていました。(今では考えられないですね)
だから製図用の定規とかシャープペンを持っていて、このメーカに親近感を持ちました。

ステッドラー日本株式会社【公式サイト】│ステッドラー日本【公式サイト】

 

ペンの側面に芯を選択する文字が書かれています。
「Black」という文字を上側にしてノックを押すと黒色の芯が出てきます。
「0.5mm」という文字を上側にするとシャープペン。
こんな感じで使いたい芯を選択します。ちょっと変わった方法です。
(文章だと分かりにくいですね。)

f:id:jun8tana:20181117061250j:plain

僕はサラサが気に入っていたので、このペンにサラサの替芯を取り付けて使っていました。

こちらの替芯ならアバンギャルドにそのまま取り付けられます。
ゼブラ ジェルボールペン替芯 JSB-0.4芯 B-RJSB4-BK ブラック

 

芯の径が少し小さいのか、ガタがあります。書いていると芯がカチャカチャして気になるので、僕はセロテープを芯の先端に巻いてガタを無くして使っています。

ちなみに、ジェットストリームが好みの方は、こちらの替芯も使える様です。
三菱鉛筆 ボールペン替芯 ジェットストリームプライム多機能用 0.5mm 黒赤青 3本入

 

お気に入りのデザインのペンで、自分の好みのサラサが使えるようになって満足でした。

 

ただ、使っているとちょっと使いにくい部分が目立ってきました。

  • 使っていると疲れる
    表面がツルツルしていて指が滑りやすいのです。使っていると疲れてしまいます。
  • インクの選択が面倒
    インクの色の選択が特殊で、ちょっと面倒。傾け方が不十分だと、希望の色が出てこないことがあります。黒を選択したつもりが、赤だった、ということがたまにありました。
  • インクの減りが早い
    これは僕がサラサに替えたためですが、小さな芯なので、すぐにインクが切れてしまいます。一ヵ月持つかどうかです。

なので、本来は青インクの部分にもう1本黒の替芯を取り付けて使っています。1本目のインクが切れたら、2本目のインクを使います。そして時間のある時に芯を交換。

サラサクリップの替芯(写真上)に比べて、こんなに小さいのです。(写真下)

f:id:jun8tana:20181117061244j:plain

 

使いにくい部分はありましたが、気に入っていたので1年くらいは使いました。

 

 

フリクションボール2 ビズ

フリクションボール3は使いやすくて良いのですが、何か変わったフリクションペンはないかと探しました。
2色になってしまいますが、スタイリッシュなフリクションペンを見つけました。
フリクションボール2 ビズ」です。
フリクションっぽく見えないので良いなと思い買いました。

f:id:jun8tana:20181117061432j:plain

右に回すと黒、左に回すと赤。

f:id:jun8tana:20181117061419j:plain



フリクションなので、消去用ラバーでインクを消せます。
フタをクルクル回して外すと、ラバーが出てきます。

f:id:jun8tana:20181117061409j:plain

ただ、消去用ラバーを使うときにフタをクルクル回すのが面倒。
手軽に消せないので、このペンの消去用ラバーはほとんど使わなかったです。
フリクションにしている意味が全くない。
ということで、このペンはほとんど使うことが無かったです。

 

 

クラフトデザインテクノロジーフリクション

クラフトデザインテクノロジーという会社は、美しい文房具を作っている会社です。

www.craftdesigntechnology.co.jp

この会社がデザインしたフリクションボール3があります。

f:id:jun8tana:20181117061423j:plain

CDT クラフトデザインテクノロジー フリクションボールペン PIPH3-080

CDT クラフトデザインテクノロジー フリクションボールペン PIPH3-080
 

 

持っている人を見かけないので、満足しています。
機能は、通常のフリクションボール3と全く同じ。替芯もそのまま使えます。

先ほどのフリクションボール2と比べて、やっぱり使いやすい。
フリクションボール3の使いやすさを改めて感じました。

今でもこのペンは愛用しています。

 

アバンギャルドの代わりになるペンが欲しい

ステッドラーアバンギャルドは気に入っていたのですが、少し使いにくい。
このペンの代わりを探しました。
次回は、残り2本のボールペンを紹介します。