穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

団塊ジュニア世代は、心配性で失敗を恐れる

世代によって価値観が異なり、ギャップを感じませんか?
世代の特徴を知ることで、相手へのモヤモヤを緩和できます。
今回は、「団塊ジュニア世代」の特徴をまとめました。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190719223115j:plain

各世代の特徴を教えてくれる本。
「世代論の教科書」 (阪本 節郎、原田 曜平)

 
この本によると、代表的な世代として、以下があります。

  • 団塊世代:1947~49年生まれ(広義には1947~51年)
  • ポパイ・JJ世代:1952~60年生まれ
  • 新人類世代:1961~65年生まれ
  • バブル世代:1966~70年生まれ
  • 団塊ジュニア世代:1971~82年生まれ
  • さとり世代:1983~94年生まれ

今回は、本書を参考に「団塊ジュニア世代」の特徴をまとめました。

団塊ジュニア世代とは

一般的に団塊ジュニア世代は、1971~1974年生まれを指しますが、本書では、1971~82年(昭和46~57)生まれの方までとしています。
現在(2019年)、30代後半から40代の方々です。

団塊世代、ポパイ・JJ世代の子供が団塊ジュニア世代。
親世代が人口の多い世代のため、団塊ジュニア世代も人口が多い世代です。

団塊世代からバブル世代までは日本経済が右肩上がりでした。
しかし、1989年12月29日の大納会をピークに日経平均株価は暴落に転じ、バブル景気は崩壊へと向かいました。
ちょうど団塊ジュニア世代が就職する直前にバルブがはじけ、就職氷河期に突入します。

団塊ジュニア世代の有名人は、以下の方たちです。
木村拓哉中居正広千原ジュニアイチロー松井秀喜貴乃花光司堀江貴文中田英寿櫻井翔
高橋尚子松嶋菜々子青木さやか菅野美穂安室奈美恵浜崎あゆみ滝川クリステル

団塊ジュニア世代の特徴

自己啓発や自分探しが好き

物心がついた頃は日本が好景気で、自分も「がんばっていい学歴をとっていい会社に入れば幸せになれる」と信じで育ってきました。
激しい受験戦争を経てようやく大学に進学したにも関わらず、いざ就職となったとたん、一気に景気が悪くなり就職が厳しくなります。

バブルの崩壊をきっかけに、幼少期から刷り込まれてきた価値観の崩壊を体験した世代。
その結果、信じられるものがなく、「自分探し」や「自己啓発」が好きで、頑張っているとき以外は不安で仕方がない人が多いのです。
実際、勝間和代さんに憧れる「カツマー」の中心層は団塊ジュニア世代の女性。

経済が右肩上がりの時代を過ごした上の世代の価値観に疑問を抱き、新たな価値観を模索している世代でもあります。

競争に強い

団塊ジュニア世代は、同世代の人口が比較的多い世代。
そのため、激しい受験戦争を体験しています。

アイドルグループSMAPのメンバーは、本書で扱う範囲の団塊ジュニア世代。
彼らは、競争の激しい芸能界において、前例がないほど長い間、第一線で活躍しました。
その秘密は、人口が多く、競争慣れした団塊ジュニア世代の勝ち組だからかもしれません。

また、この世代の女性も、長く活躍しています。
30代になっても働く女性は、前の世代より大幅に増えました。
団塊ジュニア世代の女性は、男子よりも高学歴の人が多い世代であることも、要因の一つ。

そのためか、未婚も増加しました。
仕事と恋愛の両立が難しいようです。
その象徴として、恋愛を放棄した「干物女」が人気マンガ「ホタルノヒカリ」で描かれています。

既存の価値観を打ち破ろうとする

既存の昭和の価値観を打ち破ろうと革新性を求める姿勢も、団塊ジュニア世代の特徴。

学生時代は日本の最もいい時代を過ごし、昭和的な「封建制」に何の疑問も抱かず、真面目に勉強して大学進学率を高めた。
ところがバブルがはじけ、おいしい状況が奪われてしまった。
そのため社会に出るころから急に「革新性」を持ち始める人たちも出てきます。

例えば、SMAPはそれまでのアイドル像を打ち壊し、歌だけでなくドラマやバラエティなど幅広いジャンルで活躍しました。

団塊ジュニア世代に対する感想

僕自身が団塊ジュニア世代です。

団塊ジュニア世代の人は、失敗を恐れたり、はたしてこの道は正しいのだろうかと、いつも不安に感じている人が多いように思います。僕自身もそうですが。
だから、周りはどう動くのか気になってしまう

仕事上でも、妙に細かいところが気になって、あれこれ分析したり、じっくり考えて納得しないと先に進まなかったり。競合他社の動向を気にし過ぎたり。

その理由が、何となくわかった気がしました。

子供の頃は豊かに過ごし、明るい未来を信じていた。
社会に出ると、同世代の中には、大成功を収めたり活躍している人が目につく。
それに対して自分は、社会人になってどうもうまくいかない。
成功体験が少ないのです。

その原因は、自分自身の能力不足だと思ってしまう部分があった。
だから、失敗を恐れたり、不安を感じたり、周りを気にし過ぎたりしているのかもしれない。

でも、そうではない。
こうして自分の世代について客観的に振り返ってみると、すごい変化の時代を過ごしてきたのだと気づきました。

自分がダメ人間だから、社会人になって苦労しているのではない。
社会が大きく変化した影響も大きいはず。

団塊ジュニア世代は、心配性で失敗を恐れる」特徴があります。

自信を持ちましょう!もっと楽観的になって良いのかもしれません。
そうやって行動を起こさないと、現状を変えることはできません。

次回は、「さとり世代」についてまとめてみます。