穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

3年間、ブログを続けてわかったこと

ブログを始めて3年が経ちました。
そこからわかったことが3つあります。

こんにちは。「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20210327062257j:plain

僕がブログを始めたのは2018年の3月。
ちょうど3年間、続けてきたことになります。
始めた当初は夜遅くまでパソコンにかじりつき、夢中になっていたなぁ。
ブログを続けるキツさを知ったけれど、自分に合った更新頻度を見つけることで、3年続けてこられた。
僕はブログが好きなんだなと思います。

さて、ブログを3年間続けてきてわかったことがあります。
そては次の3つ。

  • 楽しむ目的ならブログは気軽に始めてOK
  • 注目されるのは難しい
  • ブログは自分を変えるキッカケになる

それでは、詳しく説明していきます。

楽しむ目的ならブログは気軽に始めてOK

僕にとってブログとは、自分の考えを披露できる場です。
誰かに自分の話を聞いてもらっている感じ。
自分が何を考え、何を感じたのか。

僕は会話に苦手意識があります。
焦ってトンチンカンなことを言ってしまったり、言わなければ良いことを言ってしまったり。
深く思考してから発言したいけれど、会話だとそういう訳にはいかないのが難しい。
僕は瞬間的に考える、というのが苦手な様です。

それに会話の場合、相手との話の流れがあり、自分が言いたかった話題から段々とズレてしまい、言いたかったことを言うタイミングを逃してしまうことも多い。

でも、文章にするとなれば深く考えることができる。
一度書いてみて、なんだか違うと思えば、気軽に書き直せるのもいいところ。
文章なら、最後まで自分のペースで意見を表明できる。
じっくり傾聴してくれる相手に話しているような、そんな感覚がある。
(実際は、じっくり読むことは無いとは思いますので、自己満足な面はあります。)

普段、誰かに話を聞いてもらえないとか、知り合いだと話しにくいとか、自分が考えていることを表に出せないような人。
そういう人には、ブログは自分の考えを披露する場となり、楽しいのかな、と思います。

難点としては、ほとんどブログ記事が読まれない状況だと虚しくなること。
共感してくれそうな人が集まっている場所でブログ始めるのは、かなり大事です。

僕も、このブログとは別に趣味のブログも始めています。
純粋に「楽しい」と思える。
同じ趣味の仲間同士なら、理解できることや共感できることが多いと感じる。

その趣味ブログのPVがあっさりこのブログを超えてしまった時は、どこでどんなテーマのブログを始めるかは、大事なんだなと実感しました。

ブログって、自分が楽しむ目的で始めるのが一番なのかな、と思います。

f:id:jun8tana:20210327062254j:plain

注目されるのは難しい

ブログを始めた当初は、「注目されたい」という思いも持っていました。
ただ、多くの人に認められるには、大きな壁があることが分かった。
その壁を越えなければ、注目されるのは難しい。
会社員の僕は、その難しさを理解していなかった。
ブログによって体験してみて、どれほど難しいのかわかった気がする。
これは貴重な経験となりました。

遠くから見ていると自分にも越えられそうな壁に見えるけど、壁の目の前に立つと予想外に高い壁だった、というイメージ。
乗り越えていく人も見かけるから、自分にもできると思ってしまう。
けれど、いざ自分がやろうとしたら思うようにいかない。
そんな感じです。

f:id:jun8tana:20210327062250j:plain

単に文章を書く技術あってもダメで、人が必要とする情報を持っている必要があるのかも知れません。
その人なりの経験や体験が必要なのかな。
多くの人が「知りたい」と思えるものがあるかどうか。
それとも、その人の持つ魅力的な雰囲気とかもあるのか。
読み手が「楽しい」と思える何か。
共感できるとか、信頼できる、とか。

壁を乗り越えられなかった僕には、何が必要なのかまだわかりません。
ただ、確実に言えるのは、「注目されるのは難しい」ということです。
だから、注目されることをブログの目的にしてしまうと、辛くなる。
「自分はダメだ」なんて落ち込んだり、「世間の人は冷たい」と思い詰める必要はありません。

自分を変えるキッカケになる

現状を変えたいなら、ブログを始めてみるのも一つの手だと思います。

僕もブログ開始後は、時間を忘れ、夢中になって取り組んでいました。
生活の刺激になりました。

僕は、「読書の効果を高めたい」という動機でブログを始めました。
本の内容を投稿することで、本の内容を深く理解することは達成。
記憶への残り方が全然ちがいます。

ただ、得た知識を実生活に役立てることも目的だったので、それは不十分。
僕の場合、実生活に役立てるにはブログとは別の手段の方が良さそうだということがわかってきました。

結果的にはブログをやって上手くいかなかった、失敗したと言えるかもしれない。
でも、失敗がダメとは思っていません。
やってみることで、上手くやるにはどうすれば良いのかヒントを得られる。

ブログが自分にとってのゴールとは限りません。
ブログをキッカケに、その先にやるべきことが見えてくることもあります。
そのまま継続してもいいし、ある程度経験したら止めてもいいと思います。

失敗から何かを得ることで進歩するもの。
成長には失敗が必要なのです。
大切なのは、失敗から逃げるのではなく、失敗を受け入れること。
失敗から逃げると、自分を正当化することに一生懸命になってしまう。
環境や誰かのせいにしてみたり、助言を受け入れられなかったり。

僕の場合、ブログに取り組んだことがすべて失敗だった訳でもありません。
ブログによってチカラがついた部分もあった。
特に思考体力は鍛えられたと思う。
それによって、自分の考えをスラスラ言語化できるようになった。

先ほど会話に苦手意識があると書きましたが、そこにも変化がありました。
人と話す時でも、自分の意見を言えるようになってきた気がします。
以前は自分の意見が全然浮かんでこなくて、うまく会話が続かなかったから、これは嬉しい点です。

f:id:jun8tana:20210327062246p:plain

ブログ更新を休止します

最後にお知らせです。
このブログは週に1回更新をしてきましたが、この記事にて更新を休止することにしました。

3年間というのは、ひと区切りするタイミングに思えたからです。
それに、今のブログへの取り組み方で得られるスキルは獲得できたと思う。
もっと別のチカラをつけたいなら、別の方法が良いこともわかった。
他に取り組みたいことも増えてきたし。
人生の時間には限りがあります。
より有効だと思うことに時間を割きたい。

記事更新は休止しますが、このブログは消さずに残しておきます。
理由としては、このブログには僕自身が振り返りたい情報がたくさん詰まっているから。
例えば、「あの本の内容、記事にしたな」というのは覚えていて、本の内容を振り返りたい時は、今でもこのブログ記事を読み返しているのです。
そしてもう一つの理由。
いつか、気が向いたら再開することもあるかもしれないからです。

以上となります。
今まで読んで頂いた皆様、ありがとうございました。
そして、スターやコメントして頂いた皆様。
皆様のおかげでモチベーションを維持できました。
ありがとうございました!

それでは。

f:id:jun8tana:20210327062242p:plain