読書にて自分を磨き活かしてく

家族と楽しく過ごし、自分を磨き、貴重な人生を楽しむ!

ブログ記事タイトルの参考に、「ニュース見出し」と「本のタイトル」が使える

ブログ記事を読んでもらえるかは、タイトルが大切だそうですね。興味を持ってもらえるタイトルのつけ方について、以前に読んだ本に書いてあったので、内容を見返しました。

 

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

 

 『すごいメモ。』

(小西利行)

 

読んでもらえるタイトルにするコツは、
「ニュースの見出し」と「本のタイトル」を真似る
 です。

 

以下、具体的な方法です。

 

ニュースの見出し

Yahoo!の見出しが良い例です。
13文字以内になっており、パッと見ただけで意味を理解できるようになっています。
次の3つの要素を組み合わせて見出しを作ります。

  • 場所や理由
  • 人やモノ
  • 行為

 

例えば、
「部長 打ち合わせで 机叩く」
です。
確かに、臨場感が出て、何が起きたのだろうと、興味が湧いてきます。

 

本のタイトル

本のタイトルは、以下のパターンが多いそうです。

 

  • なぜ?

人は疑問と、その解決に興味を持ちます。

例えば、「なぜ、〇〇は売れるのか?」

 

  • 呼びかけ

人は、呼びかけられると応えたくなります。

「ビール好きのみなさん!」

 

  • 数字

「伝え方が9割」「〇〇を知る3つの方法」

 

  • その他

「東大生だけが知っている、〇〇の活用法」

「〇〇は本当に、未来を豊かにするのか?」

 

ニュース記事や本のタイトルなど、ついつい興味を引かれて読んでしまいます。

 

◇自分は、どう活かす?

ブログタイトルの参考にする意識を持って、ニュース記事や本のタイトルを見てみます。

興味をひくタイトルだったけど、読んでみたら期待外れだった、という経験もあります。自分がそうならない様に、ブログの内容も日々、精進していきます。

 

  •  この本に関する他の記事

jun8tana.hatenablog.com

jun8tana.hatenablog.com