読書にて自分を磨き活かしてく

会社員40代からの、人生を充実させる「自分磨き」

AI初心者の自分が何をすべきか、やさしく解説してくれた本

 AI(人工知能)に無知の初心者は、どう働き方を変えていけば良いのでしょう?

以前、落合陽一氏の本を読みましたが、
 人工知能って何ができるの?自分たちの仕事にどう影響するの?
など、私のような初心者には分からない部分がありました。
今回紹介する
『2020年 人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』
(藤野貴教)
は、AIについて、やさしく解説してくれています。
AI初心者の自分にはピッタリの本でした。藤野氏は「働き方の専門家」であり、自分の知りたかった「働く」という視点が重視されています。

 

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

 

 

 AI初心者は、どんな行動を起こすべきか?
ひと言でいうと
「テクノロジーに触れ、時にはテクノロジーから離れた体験もする。」
です。
 

テクノロジーに触れる

AIは、人の仕事をラクにしてくれるものです。
人がやっている仕事の中で、大変な部分をテクノロジーに置き換えれば、ラクになります。
例えば、パソコンのエクセルだって、人がやると大変な作業を代わりにやってくれています。AIだと、さらに置き換えられる仕事が増えます。人とAIが協働するのです。
そのためには、AIをうまく使えるようになる必要があります。
AI初心者は、次の3ステップで「壁」を突破することをお勧めします。
  1. AIを知る
  2. AIを使う
  3. AIを創る

 

1.AIを知る

AIを知るには、AIに関するニュースを読んだり、勉強会に参加してみると良いでしょう。
例えば、「人工知能 ニュースサイト」で検索してみると、たくさんのメディアが出てきます。自分のお気に入りのサイトを見つけて、暇な時にチョコチョコ読みましょう。

例えば、以下のメディアがあります。

jp.techcrunch.com

 

www.laboratory.ai

 

 2.AIを使う

 AIを使ってみるなら、「LINEの女子高生AIりんな」と話してみるのが楽しくお手軽です。

 

 

AIを知り、AIを実際に使ってみることで、「AIには何ができて、何ができないのか」を何となくつかめるようになるはずです。

 

3.AIを創る

AIサービスを創るための材料も、テクノロジー企業から提供されはじめています。
それらをAPI(Application Program Interface)と呼びます。

AIを使って何をしようか?と考えてみましょう。ワクワクしませんか?人工知能時代に働く面白みになるのではないでしょうか?

 

人にしかできない仕事が、価値を持つ

これからは、AIに代替できない、人にしかできない仕事に、私たちの仕事を進化させていく必要があります。

   創意工夫

 AIは、マニュアル化された仕事を、大量高速に繰り返し実施できます。まさに、ロボット的な仕事です。

一方、人間は「疲れる」身体と、「飽きる」感情を持っています。ロボット的な仕事には向いていません。
 ロボット的な仕事は、人間にとって楽しくないので、仕事が奪われると捉えるのではなく、どんどんAIに任せてラクになると捉えましょう。

人は、「疲れる」「飽きる」から、創意工夫をしてきました。
そこが人間の強みです。
人の価値を出すためには、「創意工夫の力を磨く」ことです。

例えば、「これって何か変じゃない?」とか、「そもそも、なんでこうやるの?」と問いを立て、「じゃあ、どうしたらいい?」と考え直せるを磨くことです。

「何のために分析するのか?」を考えたり、マニュアルや仕組みを考えだし、AIに仕事を教えるのは、人間の仕事です。

  ホスピタリティ

 マニュアル化された仕事の中にも、人間の方が得意な仕事があります。
それは、相手の感情を察し、相手に働きかける「ホスピタリティ」求められる仕事です。
人が好きで、場をなごまし、人に心地よさを与えるのは、人の方が得意です。

これは、営業や接客に限ったものではありません。製造業であっても、「人の感情に触れたコミュニケーション」ができてこそ、相手が動いてくれます。技術系の仕事でも、「感性から生まれる創造性と身体感覚」が重要になってきます。

   

テクノロジーから離れた体験をする

 人にしかできない仕事とは、人間らしさを持った仕事です。
人間だけが持つ「感情」「直観」「身体的な感覚」を磨きましょう。
そのためには、身体を使ったり、ネットをオフにしたり、自然の中に身を置いたりと、テクノロジーから離れた体験が大切になってきます。
自分の身体や感情の状態に気づく力を高める方法として、「マインドフルネス」があります。

マインドフルネスの効果や方法について、以下が参考になります。
 

  AI時代を生きる今の子供たちは、どう育てるべきか?

「素直」な人間は、人から愛され、応援されます。
「考える」ことができる人間は、人から頼られます。
そんな人間の強みを伸ばす子育てを考えていきましょう。
  

 ◇自分は、どう活かす?

  • AIニュースを暇な時にチェックする
  • マインドフルネスをやってみる

この本を読み、なぜ人間らしさが大切なのか、しっかり腹に落ちた気がします。
これからは、「感情」や「身体感覚」を大切にしていきます。