読書にて自分を磨き活かしてく

会社員40代からの、人生を充実させる「自分磨き」

「ブログで人生を劇的に変える方法」プロブロガー立花岳志さんセミナーに参加して

プロブロガー 立花岳志さんの出版記念セミナーに参加しました。

どんな内容なのか、ひと言でいうと

「ブログで情報発信して、人生を劇的に変えよう」

です。

 

jun8tana.hatenablog.com

 

 

セミナーを受講した理由

1.自分の強みを作りたい

 AI時代に備えて、自分の強みを作りたいと考えていました。

会社の看板に頼らなくても、生きていける人になりたいのです。

 

2.どうすれば、自分の強みを作れる?

 自分の強みを作るには、何をすればいいのか?

読書をして、会社の仕事に活かせば、会社の中では活躍できるかもしれません。

でも、個人として活躍できる人間になれるのだろうか?

何か新しいことをやってみようと、ブログを始めてみました。 

 

3.自己流ではブログ挫折しそう 

 ブログを始めて約一ヶ月。継続するのは大変そうです。

また、自分のブログに自信も持てませんでした。

そんな時、立花さんの本を読み、

「ブログによって自分の強みを作れる」

ことを知りました。

そして、出版記念セミナーがあることを知り、参加しました。 

 

 講演中の立花さんです。(写真掲載OKになってます)

f:id:jun8tana:20180408083050j:image

 

セミナーの内容

 1.情報発信は人生を劇的に変える

 現在は、個人が情報発信できる時代。

情報発信することで、人生を劇的に変えられます。

 

情報発信とは、三者にも価値ある情報(感謝される情報)のこと。

近況報告のような、「交流」とは違います

 

 また、「個人的活動」では、人生を劇的に変えることはできません。

例えば、本を読んでいるだけでは、人生は劇的に変わらないのです。

 

2.自分の強みを作る方法

 まずは、自分の「好き」を見つけましょう。

いろいろ試行錯誤しないと、見つからないものです。

その中から、自分がワクワクしたり、楽しくできるものを見つけます。

 やってはみたが、楽しくないものもあるでしょう。

 

「好き」を趣味の範囲で終わらせては、「強み」になりません。

 

ただし、いきなりプロになれる人はいません。

ブログの良いところは、自分の進化の過程を書いても良いところ。

 

まずは、ラクに楽しく、ブログを続けましょう。

 ブログ初心者なら、日記でもOK(ただし日記は情報発信ではない)。

ブログ筋力を鍛えることが目的なので、「質より量より更新頻度」です。

 

ブログ更新が習慣化した後は、「質」と「量」を高める必要があります。

やはり、素晴らしいブログは「質も量も更新頻度も高い」のです。

 

「なりたい自分」に向かい、チャレンジしていきましょう。 

 

ここで大切なのが、「貢献」すること

世界・社会を良くしたい、困っている人を助けたい、という意識です。

誰かの役に立つ情報をブログに書くことも、立派な「貢献」。

この意識は、最初から持っているべき。

 

貢献の意識を持っていないと、燃え尽きやすい。

だから、自分だけが満たされていればいい、という人は飛躍しにくい。

 

貢献とは、自己犠牲ではありません。

自分が満たされていない人に、他人は満たせません。

まずは自分が満たされるようになり、それをまわりの人に分けていくのです。

 

3.自分をブランディングしよう

 アフィリエイトで儲けられますが、それは「他人の商品」を紹介しているだけです。

アフィリエイトだけでは、「自分」の知名度は上がりません。

他人の宣伝をしているだけなので、おもしろく無くなり、やめてしまう人も多い。

 

「好き」が「強み」になっていれば、「自分の商品・サービス」をつくれます。

 自分で商品を作っても良いし、自分が講座の先生になっても良い。

ブログで自分の商品・サービスを紹介して販売できます。

ブログは、自分自身のブランディングに活用しましょう。

 

「自分の生き様」を商品にするのが究極のブランディングです。

情報発信すると、自分は何を大切にしたいのか見えてきます。

自分の価値観、自分の意見を発信し続けましょう。

 

ここで絶対に守るべき条件は、本当のことを書き続けるです。

お金をもらってウソを書いたり、バズを求めて炎上記事を書かないこと。

これをやってしまうと、信頼を失います。 

 

◇自分は、どう活かす?

 ブログ初心者の私は、まず以下に取り組みます。

  1. 少なくとも半年は毎日更新。ブログ筋力をつける
  2. その間に、あれこれ試して、自分の「好き」を見つける
  3. 情報発信(貢献)を意識する

ステップアップしてきたら、もう一度、本を読み返して、次にやるべきことを決めます。

 

  立花岳志さんの本の紹介記事

jun8tana.hatenablog.com