穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

挨拶は大切。でも、できなかった。自分を変えるには?

今朝、近所の方を見かけたのですが、「おはようございます」と挨拶できませんでした。(情けない)
私は、自分から元気に挨拶できるタイプではないのです。

 

相手と目が合ったり、タイミングが良ければ、何度か挨拶できています。

でも、今日は、相手との距離が微妙に遠くて、相手もこちらに気づいているか分からない状態。こんな時、挨拶できないのです。

そのあと、しばらくは気分が落ち込みます。
もし相手が私に気づいていたら、無視したと思われたかな?相手を怒らせたかな?不快にさせたかな?などなど。気持ちがドンヨリしました。

逆に、気持ちよく挨拶できた日は、晴れやかな気分になっています。

 

そんなに気にしてしまうなら、どんどん挨拶していけばいいだろう!と、頭では分かっています。ですが、身体が動きません。頭では分かっていても、潜在意識がブレーキをかけてしまうのでしょうか?

 

昔読んだ本に、潜在意識をコントロールして習慣を変える、というのがあったのを思い出しました。


何か良い対処法がありそうです。

引っ張りだしてきて、パラパラ読んでみました。

「自分を変える習慣力」(三浦将)  

です。

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

 

 

 以下、コミュニケーションに関して参考になる部分をまとめました。

コミュニケーションの質が人生の質を左右する

 コミュニケーションの習慣は、自分一人だけの習慣よりハードルが高い。

 しかし、人生に大きなインパクトを与えます。

コミュニケーションの質が、人生の質を左右します。

人間は、所属欲求が強いのです。集団の一員として認められたい、受け入れられたいという欲求です。

 

現状をどうとらえるか

 「現状がどうあるか」より「現状をどうとらえるか」が重要。
ポジティブに捉えましょう。
同じことが起きても、捉え方で感情は変わります。

 

(今回の私の挨拶の件では、コミュニケーションの大切さを改めて感じることができた、と捉えられますね。)

 

しかし、自分の捉え方を急激に変えることはできません。急に変えようとしても、挫折して嫌になってしまいます。

自分のコントロールが効くところから、ちょっと変えてみましょう。
地道に習慣化していくことで、定着していきます。

 

相手の笑顔をイメージする

 (今回の挨拶の件で、参考になりそうな対策がありました。相手に親しみを持つ方法です。)

 

自分の苦手なイヤな感じの人であっても、
この人が最高の笑顔を見せるとき、どんな顔だろう?とイメージします。

すると、ごく自然に話しかけられるようになります

 

ブログの効果を感じた

 こうして、挨拶できなかったことに対して、対処法を調べようという気になったのは、ブログを始めたお陰です。

今日のちょっとした出来事ですが、ブログのネタとして使えないかな、と考えてみたことで、対処法を調べる気になりました。

もし、ブログをやっていなかったら、「挨拶できなかった、気まずかったな」、で終わっていたと思います。

 

ブログを始めて良かった!