穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

新入社員が配属された

ようやく、私の職場に今年の新入社員が配属されました。
今まで、研修室で新人研修を受けていたので、新入社員をほとんど見かけませんでした。

 

毎年、新入社員を見ると、新鮮な気持ちを思い出させてくれます。


社会人になった頃は、
「仕事に誇りを持ち、活き活きと仕事に取り組み、
価値ある製品を次々と作り出し、充実感に包まれた生活を送る。」

そんな理想の姿をイメージしていました。

 

新入社員の表情を見ると、きっと、人生の新たなステージに希望を抱いているのかな、と勝手に思っています。
そんな希望に溢れた人が増えると、職場の雰囲気も変わりますね。

仕事を教える側も、気が引き締まります。


ただし。
現実には、理想通りの成果は、簡単には出せません。

私が新人だった頃を思い出すと、何でもできると勘違いしていたな、と思います。
自分の実力がどの程度なのか、わかるはずもないので、仕方ないですね。

 

仕事が上手くいかず、散々苦労してきました。
(今も苦労していますが)

 

苦労の中にも、「楽しさ」や「達成感」を感じる場面もあったので、何とかやってこれました。

 

一時期、楽しさも達成感も感じない頃がありました。

その時は、仕事が本当に憂鬱で仕方なかった。

 

やはり、苦労を乗り越えるには、楽しさや達成感が必要です。
新入社員には、仕事の中に、何らかの楽しさや達成感を見つけて欲しいと思います。

 

自分を振り返ってみると、
イヤイヤ取り組んだ仕事は、カタチだけ整えて報告するだけ。
深く考えていない。
だから、たいてい上手くいかない。
すると上司に叱られ、あれこれ指示される。
余計に仕事がつまらなく、イヤになる。

悪循環です。

 

この記事を書いていて、
教える側も、新入社員、若手社員に、楽しかったり、達成感を味わえるように教えるべきだな、と思いました。

若手が活き活き仕事をして、成長すれば、自分も楽になる。

 

指導する側も、大変なのです。

イヤイヤ仕事をしている相手を指導するのは、精神的に消耗します。

私も教える側になって、わかりました。

私の上司も、きっと、大変だったのだろうと思います。


私も、ブログに関しては新入りです。
ここまで書いたことは、ブログにも当てはまりますね。

少しでも、楽しさや達成感を見つけること。
やはり、大切ですね。