穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

仕事が迷走してませんか?結果を出すために必要なこと

努力しても結果が出ない。
そんな悩みについて、精神科医の樺沢紫苑先生がYouTubeで解説しています。

この動画を観て、僕が苦労した経験を思い出しました。

 


努力が最短で報われる方法【精神科医・樺沢紫苑】

 

動画の内容

動画の内容をひと言でいうと、
「夢や目標に向かって行動する前に、まずは最短の道のりを調べる」
です。

「まず行動しよう!」と言われているが、行き当たりばったりで始めると遠回りしてしまいます。

電車で移動する場合と同じ。
まずは「経路検索」すべきです。

夢や目標に向かって行動を開始する前に、自分の今の実力を知り、最終目標を明確にする。
目標を達成するために必要なことを調べてから、行動を開始するのです。

 

以上が動画の内容です。
この動画を観て、経路検索すらできない状態で苦労したことを思い出しました。
遠回りしても、最終目標に到着できない状態でした。

 

僕の失敗

僕がチームでやる仕事を担当した時、1年以上、迷走してしまった経験があります。

その原因は、やはり最終目標が曖昧だったからです。
どこに向かうべきか、ぼんやりとしたイメージしかありませんでした。

そもそも、経路検索できるだけの「地図」を持っていませんでした

途中で行き止まりがあると、別の道に入ります。
その時、目に留まった気になる方向や、通れそうな方向に向かってしまいます。
そして、更に別のことが目に留まったり、通りやすそうな道に入っていきます。
迷走状態です。

いつの間にか、何を目指しているのか、良くわからなくなりました。そして、ゴールが分からないから、いつまでも彷徨っている感じです。

「地図」をつくるために、あちこち動き回ってみる必要はあります。
でも、「経路検索するための地図をつくるんだ」という意識が必要です。
こだわりすぎて、詳細な地図を作ろうとすると、相当な時間と労力が掛かります。

動きながら目標が明確になっていく場合もあります。
でもそれは、常に最終目標を探そうとしているから上手くまとまるのだと思います。

僕の場合は、最終目標を明確にすることを、おろそかにしていました。
詳細な地図をつくることに、こだわり過ぎました。
これでは成果は得られない。
ちょこちょこ結果は出ますが、「で、それがどう役立つの?」という感じです。

 

チームで結果を出すには?

何とかしたいと思い、
「プレイングマネジャーの仕事」(小池浩二)
を読みました。

 

 

 結果を出せないチームを変えるための具体策は何か?
それは、「1ヶ月マネジメント」です。

具体的には

  • 1ヵ月単位で「検討・段取り・実践・軌道修正・反省」のサイクルを行う。
  • 月初めに今月やるべきことを明確にして、毎日現場でチェックし、確実にやってもらう
  • 月途中に必要に応じて軌道修正、月末に反省して次回ポイントをまとめる。

です。

 

◇自分は、どう活かした?

半年ほど前の昨年11月、この1ヶ月マネジメントを知り、早速実践してみました。

そのおかげで迷走することなく、今年の3月には成果として仕事をまとめることができました。今年の4月からも、9月末までの目標を決め、取り組み中です。

やるべきことを明確にして、それを確実に実行すること。
そして、最終目標からズレていたら、軌道修正する。
その大切さを実感しました。

仕事で迷走していると感じている方には、本書はお勧めです。
きっと、何かヒントが得られると思います。