穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

「デザインあ展」へ行ってきた!大人も子供も楽しめた。

日本科学未来館で「デザインあ展」が開催されており、家族で行ってきました。大人も子供も楽しめて、行って良かった!
 
僕たち家族が行ったのは、2018年8月17日(金)。
屋内なので、夏のお出掛け先として良いなと思い、行くことにしました。
 
デザインあ」とは、NHK Eテレの番組。
この番組は、よく子供たちが見ているので、僕もなじみのある番組です。
映像と音楽が印象的な番組で、放送されていると僕もついつい見てしまいます。
 
 
デザインあ」は、私たちの身の回りに当たり前に存在しているモノをこうした「デザイン」の視点から徹底的に見つめ直し、斬新な映像手法と音楽で表現。
こどもたちに「デザインの面白さ」を伝え、「デザイン的な視点と感性」を育む一歩となることをめざしています。
 
NHKの番組ページ
 
デザインあ展は、日本科学未来館にて7/19~10/18まで開催されています。
 
デザインあ展」のページ
 

デザインあ展」は大人も楽しめる

デザインあ展」は、
クスッと笑える展示、何これ!と思うような展示、思わず見入ってしまう展示
など、
大人でも十分に興味を持てる内容でした。
 
実際に、来場者は大人の方が多かった印象があります。
もちろん、子供たちも楽しんでいました。
 
f:id:jun8tana:20180819061547j:image

 

展示は

  • 観察のへや
  • 体感のへや
  • 概念のへや
  • 体験コーナー
で構成されています。
 
「体感のへや」では、展示室の四方の壁面いっぱいに映像が映し出され、映像と音の迫力を体感できました。
 
所どころに「体験コーナー」もあります。
番組でやっている「デッサンあ」の体験コーナーもありました。
「デッサンあ」とは、ひとつのモノをぐるりと囲んで12人がデッサンするものです。同じモノなのに、それぞれの視点で違った雰囲気の絵が完成するので、個性を感じさせるコーナーです。
 
今回は混雑していたため、残念ながら体験コーナーをほとんど楽しめませんでした。もう少し空いている時期に行った方が楽しめそうです。
 
デザインあ展」のツイッターで混雑状況が把握できます。
最近、空いていそうだな、と思った時期に行くのが良いかもしれません。
 

混雑してたけど、待ち時間も楽しめた

お盆休み期間だったので、混雑していました。
まず、チケット購入で並びました。
(後で知ったのですが、オンラインチケットを購入すれば並ばずに済みます。)
 
そのあと、入場整理券を配布しているので、指定の時間になるまで時間を潰す必要があります。
 
僕たちは13時前に入場整理券をもらい、13:45~14:00の入場となりました。
1時間弱の待ち時間。
 
ただ、比較的ラクに時間を潰せました。
1Fロビーに、「みんなの あ」を描けるスペースが設置されていたのです。
 
みんなの あ
 
娘もここで「あ」を使ったデザインを描いて待ち時間を過ごしました。
展示室の中よりも、ここの方がゆっくり体験できた気がします。
冷房も効いているし、デザインあの映像も映し出されていて、退屈せずに過ごせました。また、建物は吹き抜けになっていて、広々とした開放感のある空間にいるだけでも、何だか非日常感があって良い感じでした。
 
また、1Fの多目的ルームが解放されていて、飲食できるようになっていました。
 
上の階に行くと、カフェもあるし、最上階のイスは、余裕で座れるくらい空いていました。
 
 

クルマで行ったら満車、別の駐車場へ

自宅から駅まで遠く、電車で行くのは少し面倒だったので、クルマで行きました。
日本科学未来館には175台分の駐車場があります。
お盆休みのピークは過ぎているし、一応平日だったので、クルマで行っても大丈夫かな、と思っていました。
 
しかし、11時頃に着いた時には満車。甘かった。
ツイッターを見ると、10時半には満車になってしまった様です。
僕たちが帰る15時頃でも、満車状態が続いていました。
 
仕方ないので、「デックス東京ビーチ」の駐車場にクルマを停めました。
ここの駐車場は550台。余裕があります。
料金は少し割高ですが、よほど特別なイベントが無い限り、停められると思います。
ゆりかもめの駅にも近く、便利な駐車場です。
 
ちなみに、土日祝日は最大料金の設定が無いので、長時間停める場合は高額になるので注意。
 
 
ちょうどお昼だったので、デックス東京ビーチで昼食を食べました。
買い物すると、駐車料金の割引があるので助かりました。
 
ここから、「お台場海浜公園駅」へ行き、「ゆりかもめ」に乗って、日本科学未来館へ向かいました。
船の科学館駅」か「テレコムセンター駅」で降りれば日本科学未来館まで徒歩4~5分です。
 
船の科学館駅の方が料金は安いです。
ただ、テレコンセンター駅からの道の方が、日影が多そうな感じだったので、テレコムセンター駅から日本科学未来館に向かいました。
緑の多い公園をしばらく歩くと、到着します。
 
酷暑でなければ、ゆりかもめに乗らなくても、散歩しながら科学館に行っても良さそうです。
 
 

デザインあ展に行って感じたこと

センスの無い僕ですが、デザインの魅力というか、楽しさ、奥深さに触れることができました。
身近なところにデザインは存在していて、いろいろ考えてしまいました。
 
デザインって、「論理的な面」と、「感情的な面」があると感じます。
身近なモノは、使いやすさを考えてデザインされています。もし、このデザインでは無かったら使いにくくて困ってしまうね、という展示を見て、身の回りのデザインが考え抜かれていることに改めて気付かされました。
 
一方で、同じ意味を持つモノでも、デザインが変わると印象が変わります。
例えば文字。「あ」という文字も、フォントによってイメージが変わります。
 
そして、デザインって、単純に見ていて面白さがあります。キレイだったり、迫力に圧倒されたり。
 
お台場の広々とした開放的な雰囲気も好きなので、家族でお台場をブラブラ歩けたのも良くて、思い出に残る1日を過ごせました。