読書にて自分を磨き活かしてく

家族と楽しく過ごし、自分を磨き、貴重な人生を楽しむ!

TOEIC 300点台の人の英語勉強法(プレジデント2018年4.16号より)

人生を楽しみたい「じゅんや」です。

今回のプレジデント誌の特集は、「英語の学び方」

僕は英語が苦手です。
今の仕事で英語を使うことは、ほぼありません。
その状態に甘えてしまい、英語の勉強をしてこなかった

日本の市場は縮小していきます。
今後、世界に飛び出して働く必要が出てくるかもしれません。
やっぱり、英語が使えないとマズイかな。

機械翻訳もあるし、同時通訳も発達すれば、何とかなるのか?

でも、日頃から英語を使うような環境だと、面倒ですよね。
直接、英語で会話できる人と比べたら、きっと不利だろうな。

同時通訳が発達しても、何人も話している中で、ある一人の会話を聞きとる場面では、同時通訳では難しそうな感じがします。

だから、英語は身につけた方がいいでしょうね。

 

僕のように英語がボロボロの人は、まずどう勉強すべきか?
参考になりそうな記事をまとめました。

ポイントは「中学英語をやり直す」です。

 

PRESIDENT (プレジデント) 2018年4.16号
特集「英語の学び方」 

PRESIDENT (プレジデント) 2018年4/16号(最新「英語」の学び方)

PRESIDENT (プレジデント) 2018年4/16号(最新「英語」の学び方)

 

 

英語の学び方

 

中学の英文法をやり直す

 東洋英和女学院大学教授 高橋基治さん

英語を1からやり直したい人、そこそこできるのにイマイチ伸び悩んでいる人は、いったん「中学の英文法」をやり直してみるのがお勧め。

能力を伸ばすには、しっかりした土台があってこそ。
今だからこそ理解できる知識や、新たな発見もあるはず。

中学英語ができれば、日常会話やメール等の読み書きは、約8割は足ります。
中学のカリキュラムは実は相当に良くできているのです。

 

レベルアップの勉強に進む前に、中学英文法の問題集を3回ほど繰り返してみるといいでしょう。薄い問題集なら1回終えるのに1週間もかかりません。

その上で、語彙を増やしていくのと並行して、英会話なり、メールなり、必要に応じた勉強を始めればいい。

 

高橋基治さんの著書(フクチ マミさんとの共著)
レビューを読むと、わかりやすいと絶賛が多い。
プレジデントの記事にも、前置詞とか基本5文型とかの解説があり、わかりやすい解説だった。僕もAmazonのカートに入れておきました。

 

・マンガでおさらい中学英語

マンガでおさらい中学英語

マンガでおさらい中学英語

 

 

英語は「SVO」の3語で伝わる

 中山 裕木子さん

伝わりやすい英語にするには、シンプルにすること。
文章を「主語+動詞+目的語」、いわゆるSVOの文型にする。

 

例えば、「私は英語の教師です」を英訳する場合。

普通は、
① I am an English teacher.
とするでしょう。

 しかし、
② I teach English.
というSVOの文型にもできます。

②は単語が少なく効率的。誤訳や文法の誤りも減らせます。

①は文章の結論となる「teacher」が最後にやっと出てくる。日本語は結論を最後に話すというクセがあります。だからネーティブから「わかりにくい」と言われてしまうのです。

 

英訳する前に、和文をSVO文型に直すと良いでしょう。

まず主語=「私」を決め、
次に適切な動詞=「教える」を見つけ
目的語=「英語」を添えます。

 

これだけで一日中暮らせる5つの動詞

 晴山 陽一さん

 習熟すべき動詞は「have」「give」「get」「take」「make」の5つ。
この5動詞だけで1日過ごせます。

大事なポイントは、各動詞の本質的な意味を理解すること

 

「have」

 一般に「持つ、持っている」という意味。

より深く解釈し「自分のコントロール下に置く」と理解しましょう。

 「He has a cotage」も、自分のコントロール下に別荘があるから。
「She had a taxi waiting(彼女はタクシーを待たせた)」もそう。

 

「give」

 「与える、あげる」ですが、「相手を『have』の状態にする」と理解する。

 「Give thanks to him(彼に感謝の意を伝えてください)」
「Can you give me the time?(時間を教えてください)」

 

「get」

 「得る」という意味。「今までと違う状態になる」ととらえます。

 「I got a shock(私はショックを受けた)」
「He got her to go alone(彼は彼女を説得して彼女を行かせた)」

 

「take」

 「取る、つかむ」というよりも、「自らの意思で手を伸ばしてつかむ、獲得する」と理解する。

「She took a taxi(彼女はタクシーを使いました)」

 

「make」

 「作る」というより、「外力を加えて物事を別の状態に変える」と理解する。

「What made you so angry?(なぜそんなに怒っているの?)」
どんな力が加わってあなたをそんなに怒らせたのかと考える。

「make up(化粧する)」も、化粧品の力を借りてより美しく変化するということ。

 

TOEICワンポイントアドバイス

 TOEICを1ヶ月で100点上げるためのレベル別ワンポイントアドバイスが書かれています。

僕は300点台以下なので、そこだけを取り上げます。

 

300点台までの人へのアドバイス

 土屋 雅稔さん

このレベルでは、中学英語さえボロボロのはず。
ぜひ、中学生向けの問題集からはじめるといいでしょう。

売れ筋から5~6冊選んでみます。
複数冊にするのは、ちょっとした解説の違いで、わかりやすい場合とそうでない場合があるためです。

問題を見てパッパと正答できるようになるまで繰り返します。
あれ、何だっけ?と考えているうちは知識が定着していない証拠。

9割5分まで正答できるようになったら中学英語を卒業です。

 

次のステップとして、単語の強化。
TOEICの文法は決して難しくないが、単語がわからなくて解けないことがあります。
短期間に300点台を脱するには単語力アップが有効です。

そうはいってもTOEIC用に特化した単語集に飛びつくのはまだ早い。
中学英語で身についているのは、せいぜい1200語程度。
その後の積み上げとして使えるのは、英検用の単語集です。

英検5級の単語集は見るからに簡単。
単語強化のウォーミングアップとして5級からはじめて順々に上の級に進んでいくといいでしょう。

やさしい単語集に取り組むことで、英語を見て意味がすぐに浮かぶ反射神経も養えます。こうして英語脳をつくっていくのです。

 

雑誌に掲載されていた問題集

文法

・中学英語の総復習 (くもんの高校入試英語完全攻略トレーニング1) 

中学英語の総復習 (くもんの高校入試英語完全攻略トレーニング 1)

中学英語の総復習 (くもんの高校入試英語完全攻略トレーニング 1)

 

 

・英語 (高校入試 中学3年分をたった7日で総復習) 

英語 (高校入試 中学3年分をたった7日で総復習)

英語 (高校入試 中学3年分をたった7日で総復習)

 

 

単語

・究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語 

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

 

 

・CD付 英検5級 絵で覚える単熟語

CD付 英検5級 絵で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)

CD付 英検5級 絵で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)

 

 

◇自分は、どう活かす?

 数ヵ月前、プレジデントのこの記事を読んだ時、中学英語の問題集を買おうかな、とまで思いました。

でも、問題を解く時間を確保できる自信がなく、後回しにしてしまった。

そしていつの間にか数ヵ月が経過。
これではいつまでも変わらない。

 

このブログ記事にまとめるだけでも、ちょっとした英語の勉強になったし、英語を勉強する気持ちも出てきました。

1日5分でも10分でもいいから、始めてみます。

まずは、中学英語の問題集を購入します!

 

 <追記>
英語のテキストと問題集を購入しました。その時のブログ記事はこちら。

jun8tana.hatenablog.com