穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

情報発信力を高める3つのポイント(「革命のファンファーレ」を読んで)

人生を楽しみたい「じゅんや」です。

僕は、情報発信力を高めたい。
自分が持っている情報を、それを必要としている人に届けられる力です。
普段から会っている人はもちろん、直接会ったことのない人にも価値を提供できるようになりたい。

 

例えば、

  • 同じ会社に勤めている人から、これはアイツに聞けば知っていそう、と頭に浮かんでくる存在になること。
  • 全く知らない人でも、このブログを見つけてもらい、役に立つ情報を提供できること。

など。

 

情報発信力を高めるヒントになりそうな、「現代のお金と広告」について書かれた、この本を読みました。

 

革命のファンファーレ(西野 亮廣) 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、キングコングの西野さんが書かれた本です。

話題になっていたので購入したのですが、他にも読みたい本をたくさん購入してしまい、読むのを後回しにしていました。

でも、情報発信力を高めようとするなら、参考になりそうな本なので、読んでみることにしました。


情報発信力を高めるためのポイントは3つ

  • 差別化する
  • 信用してもらう
  • 話題になるための仕掛け

以下、それぞれ説明していきます。

 

差別化

 本の内容を僕なりに要約すると、以下です。

今の常識を疑ってみよう。
人と違うことをしてみると、人が手をつけていない問題が出る。
つまり、差別化できる。あとはその問題を解決するだけ。

 

いろんな人が持っている情報よりも、誰も持っていない情報の方が、価値があります。

その価値ある情報を、自分で身につけられるか、ですね。
そのためには、人と違うことを経験する

 

西野さんが取り組んだことは、僕から見るとかなりレベルの高いことです。
僕がいきなり大きな挑戦をしても、自分の能力が追い付かず、挫折しそう。
まずは、自分の実力に見合ったレベルから挑戦し、経験を積む必要があると思います。

身近で小さなところから、何か差別化できないか、そのために何ができるのか考えていきたいです。

 

信用

 要約

信用を得るには、ウソをつかないこと。
好感度とは違う。
例えば、グルメ番組では、美味しくないものを、おいしいと言わなければいけない。それで得られるのは、好感度。
でも、その食べ物が美味しくないことを知っている人が見たら、信用を無くす。
ウソをつきたくなかったら、ウソをつかなくても良い環境に身を置くこと。

 

このお店の料理はおいしい!と聞いて行ってみたら、マズかった、なんてことが起これば、確かに信用を失いますね。今後、その人の情報を信用しなくなる。

ただ、人によって好みが分かれます。
その人に合わない情報だったら、縁が無かったということでしょうか。
すべての人に好かれようなんて、無理ですしね。

 

自分の好み、価値観を大切にする。
自分の芯を持つ。

 

「コイツが言うなら」と信じてもらえる状態が理想ですね。

その状態に至るには、信じてもらえるだけの能力が必要です。
その能力を目に見える形で残し、実績を積み上げることですね。

 

話題になるための仕掛け

 要約

ヒットを生むにはたくさんの仕掛けが必要。
売れている作品は、ニュースにしやすい数字を持っている。
歴代1位とか。

モノを売るということは、人の動きを読むこと。
それには、いろいろ実験をしてみる必要がある。

口コミが最強。信用ある。
人に広告してもらえる。いかに口コミしてもらえるか。

 

もともと知名度がないと、ニュースになるのは相当に難しいと思います。
でも、注目を集めるための仕掛けは考えておかないと、始まりません。
誰だって、始めから知名度が高かった訳ではないし。

結局、自分でいろいろ試してみる必要があるのでしょうね。
誰かが上手くいった方法が、誰にでも、いつでも通用するとは限りません。

その人の状況とか、特徴とか、やりたいこととかで、きっと最適な方法は変わると思います。

自分で見つけた方法こそ、差別化の源泉ですしね。

普遍的な方法もあるはずなので、それを足掛かりにして、あれこれ実験してみると良いのかな?

あと、話題なるには、自分が選ばれるだけの能力を備えているのが前提です。
その上で、話題になりそうなことに挑戦する。
そして多くの人に知ってもらい、信用力を高めていく。

 

◇自分は、どう活かす?

 西野さんがいろいろ考えて挑戦している姿を知り、そのアイデアとか、行動力がすごいと思いました。
何よりも、バッシングされてもそれをバネにしてしまう強さ。
勇気をもらえました。

 

この本から学んだこと。

  • 差別化する
    身近で小さなところから、周りの人とは違ったことをしてみる。
    そして、いろんな経験、体験を積む。
  • 信用
    「コイツが言うなら」と信じてもらえる状態を目指す。
    実績を目に見える形で残し、積み上げる。
  • 話題になるための仕掛け
    人間を知る。
    その一つとして、いろんなブログを読んでみます。
    他の人を知ることで、自分が見えてくる気もします。

結局、情報発信力を高めるには、「誰かが言ったからこうする」ではなくて、自分なりに考える力を持つことが大切なのだと思いました。