穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

中学英語の問題集に取り組み中。挫折しそうだった

40代の中盤になって、仕事を終えて帰宅後に中学英語の勉強を開始中。
英語のwebサイトとか、読めるくらいになりたいのです。
世界に向けて情報発信することも出来る。

でも、思っていたようには、捗っていません・・・。

こんにちは。人生を楽しみたい「じゅんや」です。

 

f:id:jun8tana:20181022055508p:plain

社会人になってから、英語の勉強なんてマトモにやってきませんでした。
いきなりハードルを上げても挫折しそうなので、かなりゆる~くやっています。
それでも、問題集を解く段階になって急にハードルが上がり、挫折しそうです。
わからない問題だらけで、楽しくないからでしょうか。

ちょっと、やり方を変えていく必要がありそうです。

 

使っている問題集

使っているのは
「マンガでおさらい 中学英語 やり直しドリル」
(フクチマミ 高橋 基治)
です。

 

マンガでおさらい中学英語 やり直しドリル

マンガでおさらい中学英語 やり直しドリル

 

 

特徴は、3つあります。

  1. 同じ問題が「3周分」収録されている
    繰り返しによって、知識を定着させるのが狙い。
  2. 文法事項がシャッフルして出題される
    タイトルでどの文法かわからないので、実力が正しく測れる。
  3. 解説が充実している
    ポイントはイラストつきて説明していて、わかりやすい。

1周8回分です。
1回分は4ページ、23問前後。
3周やると、24回になります。

 

1周目まで完了

約一ヶ月掛けて、ようやく1周目、8回分を完了しました。
計画では、1日に1回分を実施して、8日間で終わらせる予定でした。でも実際は、3倍近く日数が掛かってしまった・・・。毎日続かなかったです。

問題集1周目の正解率は、50%~70%。
解いている間は、全然理解してないな~と思いながらやっていたので、思ったより正解率が高かった。もっとボロボロかと思っていました。
でも、わかってないところは、さっぱりわかっていません。

毎日勉強できなかった主な原因は、1回あたりの時間が急激に増えたことだと思います。
テキストを読むときは、1日10分くらいでした。それが、問題集をやると最低でも30分は掛かります。
問題を解くのに20分。そのあとに答え合わせと簡単な復習で早くて10分くらい。

 

英語勉強は、帰宅して風呂に入った後にやっています。
そのため、帰宅が遅くなったり、子供の相手とか長引くと、もう寝る時間になってしまいます(5時前に起きているので、22時半には寝たい)。睡眠時間は削りたくないので、勉強する時間が無くなります。

それに疲れていると、30分以上かかる勉強に取り掛かる気力が出ません。何とか始めても、問題を解きながら寝てしまったこともありました。

 

早く終わらせようとすると、間違えたところを十分に復習できません。
解答の解説をさっと確認する程度になってしまいます。
問題を解いてみて、さっぱり理解していない部分が結構あります。
これでは、間違えた項目の弱点克服ができそうにありません。

ちょっと、勉強のやり方を変えてみます。
もっと早い段階でやり方を変えるべきでしたね。
何となくダラダラと同じパターンで続けてしまった。

 

こうしてブログで報告しようと思ったから、やり方を変えるべきだと気付きました。
もしブログをやっていなかったら、いつの間にか勉強しなくなっていたかもしれません。
ブログやってて良かった。

 

今後の英語勉強の方法はどうする?

当面は、1周目で間違えた部分の復習をします。
1回分の間違えた箇所を1日で完了させるのが理想です。
でも、ちょっと無理かな。

自分が納得できるまで復習したい気持ちがあるのです。
曖昧だったことを理解できた!という楽しさがあると、モチベーションが続く気がするからです。
今は理解できていない部分が多いので、一日1回分では負担が大きそう。
一日10分くらいを目安に、その範囲で進めてみます。調子が良ければ、追加でやってみよう。

 

そして1周分の復習が終わったら、2周目の問題に取り掛かろうと思います。
ただし、一日1ページに減らします。1回分が4ページなので、一日10分くらいかな。

 

こんなペースで英語が身につくのか、心配になってきます。でも、やらないよりはマシでしょう。

きっと、苦手が減っていけば、問題を解く時間も短くなるし、間違える箇所も減って復習の時間も減るはずです。
気長にやっていきます。

 

jun8tana.hatenablog.com