穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

【手帳活用 7】手帳やメモを習慣化するコツは楽しむこと

手帳やメモって、使わないことには効果を発揮しません。
使うクセをつけることが大切です。
では、どうしたらいいのか?
メモを習慣化するコツを紹介します。

こんにちは。人生を楽しみたい「じゅんや」です。

 

f:id:jun8tana:20181109060857j:plain

「手帳活用」の7回目。
前回までは

  • 手帳を使うとストレス軽減、生活に充実感
  • 手帳を上手に使うには、第一世代の手帳「メモ」から順にマスターする
  • メモを「使える情報」にする具体的な使い方

を説明してきました。
(前回の記事はこちら)↓

jun8tana.hatenablog.com

 

今回は、手帳やメモの習慣化のコツ。
そのコツをひと言でいうと、「手帳やメモを楽しむ」です。

ポイントは3つ。

  • 自分なりの使い方を探求する
  • 使って積み上げたものが見えるようにする
  • お気に入りのアイテムを探す

 

なぜ、習慣化が必要なのか

ポイントを説明する前に、そもそも、なぜ手帳やメモを習慣化する必要があるのでしょう?
手帳やメモって、普段から使うことで大きな効果を発揮します。

旅行の準備メモとか、たまにしか使わなくても効果はあります。
ただ、その効果は旅行の準備をする時だけです。

日々の生活のなかでメモが習慣化されていると、いろいろなことにメモが活用できます。そして、日常的にメモの効果を得られる。
すると、人から信頼を得たり、時間を有効に使えたりしてきます。大げさに言うと、人生が変わってくるのです。

 

一方、手帳やメモを上手く使えるようになるには、使っていかないと上達しません。
スポーツと同じです。

例えばサッカーのテクニックの知識だけあっても、実際に自分がそのテクニックを使えるようにはなりません。練習が必要です。
練習して上手くなっていけば、サッカーもより楽しくなってきます。

手帳やメモだって、使い方の知識だけあっても、実際にそれを使えるようにはなりません。
やはり、自分で実際に使ってみることです。
上手く使えるようになると、手帳やメモを使うことが楽しくなってきます。

 

どうしたら習慣化できるのか

前置きが長くなりましたが、習慣化の3つのポイントを説明していきます。

 

自分なりの使い方を探求する

もしかしたら僕だけかもしれませんが、あれこれ使い方を探求するのが楽しいのです。
こうしたら上手く使えるのでは?もっと便利になるのでは?と考える。そして実際に試してみる。思った通りに上手く使えたら、やった!と思う。ダメなら、じゃあ次はこうしてみよう、とあれこれ考える。

そうして自分に合った、自分にとって使いやすい方法が見つかっていきます。
この過程が楽しかった。

僕はロクに手帳なんて使ってこなかったのに、いきなりフランクリン・プランナーを買ってしまいました。でも、それが良かった。
良い手帳を買ったんだ、と毎日ワクワクしていました。
とにかく手帳のことを考えるのが楽しいのです。

使い方を習得すべく、書籍を買って読み、いろいろ試してみました。
フランクリン・プランナーの使い方に留まらず、手帳やノートの使い方にも興味が出てきて、それに関する書籍も読みました。

こうやって、自分なりの使い方を探求していくことで、手帳やメモを楽しめます。ゲームと同じで、上手く使えていない部分を次々にクリアしていく感じ。

これは、今まで手帳やメモを使ってこなかった人ほど楽しめる部分かもしれません。
僕はこの楽しさがあったから、手帳やメモを継続していた気がします。

 

使って積み上げたものが見えるようにする

前回紹介したミニノート。
僕はリングノートを使い、毎日やるべきことを記入していきました。

紙のノートって、どのくらい自分が書いたのか、自然と目に見えるところがいいのです。デジタルだと、なかなか認識しにくい。

ノートのページが進んでいくにつれ、こんなに積み上げてきたんだなぁ、というのが分かります。一冊ノートを使い切ると、ちょっとした達成感を感じます。これだけ続けてきたんだと、ちょっとした自信になります。

そして、この調子で続けていこう、という気持ちになりました。

 

お気に入りのアイテムを探す

最後のポイント。
手帳やメモに使うアイテムは、気に入ったものを使うことです。

僕は、手帳を使おうと思ってから、ノートとかペンに興味を持ちました。手帳も、いろんなアクセサリーがあってそれを選ぶのも楽しい。

 

YouTubeの動画で手帳を検索すると、アクセサリー関連の紹介動画が多いです。紹介しやすい部分でもありますが、やっぱり楽しい部分です。
僕も、皆さんどんな風に使っているのか興味をもち、ついつい見てしまいます。

 

お気に入りのアイテムが見つかると、手帳やメモを使うことが楽しくなります。
「自分なりの使い方を探求する」と重複するのですが、自分好みのノートとかペンを探すことも楽しいのです。

使いやすさとか、見た目のカッコよさに満足したものを持っていると、それを使いたくなります。すると自然と手帳とかメモを使うようになります。

 

以前の僕は会社から支給されているノートとペンを使っていましたが、やはり使っていて楽しくなかったです。

自分で買うとお金は掛かりますが、使う楽しさが全然違います。
ぜひ、自分好みのノートとかペンを探してみてください。

 

◇最後に

手帳やメモを継続するコツは、楽しむことです。
今回は僕が楽しめたポイントを紹介しましたが、皆さんなりの楽しめるポイントは別にあるかもしれません。
皆さんなりに楽しく使っていただきたいと思います。


次回の「手帳活用」は、僕のお気に入りのノートやペンを紹介していきます。
僕は特別詳しい訳ではありませんので、今までノートとかペンにまったく興味を持っていなかった方に向けた紹介というつもりで書きます。

【次回記事はこちら】↓

jun8tana.hatenablog.com