穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

記憶に残る勉強法(ノートを繰り返し読み返す)

僕は英語力を上げたくて、中学英語を勉強中です。
最近、勉強の調子が出てきて、テキストの内容を覚えてきました。
ノートに書き出す効果かもしれません。

こんにちは。人生を楽しみたい「じゅんや」です。

勉強しても、記憶に残ってないと役に立ちませんよね。
「記憶に残すための勉強法」を紹介します。

 

f:id:jun8tana:20181119054230p:plain

記憶に残らなかった勉強法

現在、中学英語のテキスト二周目に取り組み中です。
一周目はテキストを単に読んだだけでした。
習慣化が目的だったので、簡単に済ませていました。
楽でしたが、やはり読んだだけでは、記憶にほとんど残っていません。
問題集を解いてみましたが、わからないことだらけです。

ちなみに使っているテキストはこちら。

マンガでおさらい中学英語

マンガでおさらい中学英語

 

 このテキストはイラストが豊富で、イメージに残りやすいです。内容も疑問に思うことをとても分かりやすく解説してくれます。
記憶に残らないのは、このテキストが悪いのではなく、勉強の方法です。

記憶に残る勉強法

ノートにまとめる

テキスト二周目では、一章ずつ理解できていない部分をノートにまとめることにしました。

ノートにまとめると、深く読めるようになります。読んだだけだと気づかなかったことにも気づきます。あれ、こんなこと書いてあったんだ、というのが何度もありました。

ちなみに、既に記憶できている内容をノートに書く必要はありません。
後でノートを読み返すとき、邪魔になるだけです。

教科書を読んでも頭に入らない人は、ノートにまとめてみてはどうでしょう?
面倒くさいと思ってますか?
そんなこと言わずに、ぜひ一度やってみて下さい。
やってみてダメなら仕方ありません。でも、やってみて効果あったらお得です。

f:id:jun8tana:20181119054523j:plain

翌日、ノートを確認する

そして、ここからが大切なところ。
記憶に残すためのポイントは、次の日にもう一度、これまでのノートをサッと確認することです。

まずノートを見る前に、昨日ノートに書いた内容を思い出してみます。
何を書いたんだっけ?とすっかり忘れているかもしれません。
すると、ノートに書いた内容を知りたくなってきます。
その状態で、ノートを読み返すことで、興味を持って読めますよ。

f:id:jun8tana:20181119054526j:plain

慣れてきたら、昨日より前のノートも同じように確認してみましょう。

これを繰り返していたら、40代の僕でも記憶に定着してきました。
記憶に残すには、とにかく繰り返し確認することが大切です。

そういえば、僕は学生時代にこうやって勉強していました。
平均より良い成績だったので、ノートにまとめる勉強法が良かったのかもしれません。

ただし、この勉強法は「知識をつけるだけ」に留まります。
知識を活用したり、自分なりに考えたりするには、これだけでは不十分。
行動して経験を積む必要があります。
アタマでっかちにならないように注意!
でも、何事も基礎知識は必要です。まずは最低限の知識を身につける時に活用してみてはどうでしょう?

僕に合った勉強法を紹介しましたが、あなたに合った勉強法は他にあるかもしれません。学生時代、どうやって勉強していましたか?

オマケにもう一つポイント

テキスト勉強を一周終えた後に問題集をやったのも良かったです。
自分が理解できていないことを認識できました。
わからない問題があると、何だっけ?と興味が湧いて知りたくなります。
勉強するモチベーションの維持に役立った気がします。

このあたりは人によって違うかもしれませんね。
あなたはどうでしょう?

中学英語の勉強状況

テキスト一周目よりも、確実に濃い勉強になっています。
まだ基礎知識を蓄えているだけなので、英語をスラスラ読み書きすることはできません。

焦らず、まずは中学英語の問題集をスラスラ解けるレベルを目指します。
基礎が無いのに、いきなり英文をたくさん読むのはハードルが高いですからね。
挫折しそうです。

中学英語のテキストをスラスラ解けるレベルになったら、英語を読みまくってみたいです。