穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

周りに貢献できたか?(2018年の振り返り④)

2018年、周りに貢献するための行動が、どれくらいできたのか?
振り返っていきます。

こんにちは。人生を楽しみたい「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20181223082817j:plain

僕にとって大切なことは4つ。

  1. 貴重な人生を楽しむ
  2. 家族と一緒に楽しく過ごし、お互いに支えあう
  3. 周囲を導ける存在になる
  4. 自分を磨き続ける

2018年、これらがどのくらい実現できたのか?

今回は3つ目の大切なこと
「周囲を導ける存在になる」
について、振り返ってみます。

僕は周りをグイグイ引張って行けるタイプではありません。
「周囲を導く」というよりも、僕が存在することで周りに貢献できているか?という方がしっくり来ます。
なので、「周りに貢献できたか?」という考えで振り返ります。

会議術を磨く

これまで自分自身の効率化には取り組んできました。
でも、仕事って他の人と協力してやるもの。
他の人と一緒にやる仕事を効率化したい。

特にムダが多いと思うのが会議。
まずは自分が主催する会議の効率化を目標としました。
これは年初に立てた10個の目標の一つ。

ホワイトボードの活用

会議術の本で、ホワイトボードの重要性を知りました。
この人がいると話がまとまるなぁと思う人、いませんか?
そういう人はみんなホワイトボードを使っていたことに気づきました。

それで、僕もホワイトボードを使ってみることに。
結果、ホワイトボードの威力を実感しました。

どんな効果があるかというと、

  • 今、何を議論しているのか明確になる。
  • 参加者の共同作業なので、合意を得やすい
  • 次のアクションが明確になる

など。
詳しく書くと長くなるので、またの機会にでも。

傾聴

傾聴セミナーを受講。
仕事に限らず、人間関係の構築に傾聴は必須だと実感しました。

なかなか上手く傾聴できていないけれど、以前よりはマシになっていると思います。
ただ、傾聴するって時間を取られるし、疲れますね。

傾聴の効果として感じたのが以下

  • 相手の考えを聞き出せ、相手がポジティブに動いてくれる。
  • 興奮した上司も、おとなしく傾聴することで興奮が収まる。

成果として認められるアウトプットをする

去年の上期は、仕事の評価が悪かったのです。
自分としては将来の種を蒔くこととか、仕事の効率化のため従来のやり方の見直しに取り組んだつもり。でもそれは上司からは評価されず。

ムダ金を使い、周りを混乱させたと、むしろマイナス評価。
確かに失敗もあったし、迷惑もかけました。それは反省。
ただ、今と同じやり方で成果を出し続けるのは、そのうち限界に来るのでは?

でも悔しかったので、年度末までに何か目に見える成果を出すことに。
これも年初に立てた10個の目標の一つ。

ちょうど目に見える成果を出しやすい仕事が来ていました。
何とか3月までに図面という形でアウトプット。

ところが、上司からの評価はイマイチ。
「進めるように指示されていた開発品、構想設計図まで出したこと、評価にはならないんですか?」と聞いたら、「あぁ、そういえば」みたいな反応。
そもそも、評価前に上司はヒアリングしてくれてなかったな。
まぁ、周りと比べたら、僕の成果なんて小さかったのでしょう。

不満なのは、イメージでしか評価されていないと感じること。
今期はこんな成果を出しました、という書類は提出しているのに、たぶん見ていない。
評価結果に関する面談では、「君はこういうこと苦手だろ?それじゃダメだぞ」みたいな前回と同じ話。

この上司からの評価に、目標達成度は関係なさそう。
そういえば、上司からの指示自体が曖昧だったな。
上司が目標を設定した訳ではなかったしな。
上司の曖昧な指示を受けて、自分で勝手に立てた目標でした。上司にはこんな目標で進めます、とは報告したんだけど・・・。意味なかったか。

イメージを変えられるほどの仕事が出来ていないのが悪い、というのはあります。
ただ、自分とは価値観の異なる人からのイメージを変えるのは、相当に難しいだろうと感じます。

僕はこの人に評価されることには拘らないことにします。
このままだと、自分が苦しくなって潰れてしまいそうだから。

「成果として認められるアウトプットをする」というのは相当ハードルの高い目標でしたね。これが失敗。

上司から評価されなくても、同僚とか、関連部門、会社、お客様に役に立つ仕事ができる人間になれる様に努力します。それは、自分自身のためでもあるはず。

すみません。愚痴っぽくなりました。

長男としての役割を果たす

2016年に母が亡くなり、実家は空き家になっています。
僕は長男なので、僕が何とかしないといけません。
実家が犯罪に使われたり、火事にでもなったらご近所に迷惑が掛かります。
たまに手入れには行ってますが、基本は放置。

相続登記は去年、済ませました。
ひと段落したこともあり、そこから先に進んでいなかったのです。
売るなり、取り壊すなり、何とかしないとな、と思いながらあっという間に1年以上経過。

2018年は、「実家をどうするのか決める」を目標にしました。
これも年初に立てた10個の目標の一つ。

半年ほど放置したままでしたが、やっと動き始めました。
相談の結果、リフォーム前提で中古住宅として売りに出すことに決定。
12月に物件登録され、早速問い合わせが1件ありました。

ずっと心に引っ掛かっていたことでした。
ようやく動き出したので、気持ちが少しラクになった。

 

以上が3つ目の振り返りでした。

空回りしていたり、不十分な面もあります。それでも、周りに貢献できるよう、進んではいるかな?来年は、少しでもレベルアップできるようにしたいです。

次回引き続き、4つのうちの4つ目について、2018年を振り返っていきます。

<次回記事はこちら>

jun8tana.hatenablog.com