穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

富士通「電子ペーパーP02」使った感想。満足なこと、不満なこと。

富士通から発売された電子ペーパーP02(A5サイズ)を購入し、使い始めて約一週間。
基本的には期待通りなのですが、いくつか不満点もありました。
(いつの間にか「QUADERNO(クアデルノ)」という名称がついたみたいです。)

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190104215138j:plain

前回は、「電子ペーパーP02」の購入理由を主に書きました。

電子ペーパーP02(A5サイズ)FMV-DPP02
富士通クライアントコンピューティング製)

今回は、使ってみた感想です。
(僕にしては長文になりましたが、興味のある方は読んで頂けると嬉しいです。)

jun8tana.hatenablog.com

 

「書きやすさ」の感想

ノート代わりとして購入したので、「書きやすさ」は重要なポイントです。
これはほぼ期待通り、満足です。

ペンと線の追従性

ペンと線の追従性は、許容範囲だと思います。
Surface Proのペンと比べてしまうと、追従性は劣っている印象。若干、遅れを感じます。
でも、僕は問題のないレベルだと思います。書いていて特にストレスは感じません。

ペン先と線の一致

ペン先と描画線が一致するのは当たり前だと思っていました。
でも、電子ペーパーの場合はちょっと注意が必要
一致しなくて書きにくい、と思うケースがありました。

縦向きに使う場合は、ペン先と描画線が一致してくれて、まったく問題ありません。

問題は、本体を横向きで使う場合。
事前に「横書きテンプレート」を選択する必要があります。
もし「縦書きテンプレート」で本体を横向きにして書くと、明らかにペン先と線がズレます。

さらに、横向きにする場合でも、本体の向きが決まっているのも注意点。
同じ横向きでも、上下が決まっているのです。
逆にして使ってしまうと、ペン先と線が大きくズレます。

Surface Proは、どんな方向でもしっかりペン先と線が一致してくれます。
それに対して電子ペーパーは、ペン先と線が一致しない場合がある
慣れれば問題ないかもしれませんが、ちょっと不便な気がします。

その他

紙に近い感覚

電子ペーパーはバックライト方式では無く、画面は紙に近い感覚。
ここが電子ペーパーの最大の特徴なのだと思います。
感覚的になりますが、紙の方が落ち着いてじっくり考えられる気がするのです。
暗闇では使えませんが、僕はそこに不自由は感じません。

紙に近い自然さとして、もう一つ。
表面に線があるように見えるところ。
タブレットだと、ガラスの向こう側に線がある感じですが、電子ペーパーは本当に表面に線が見えます。

これについて、購入時に驚いたことがあります。
箱から取り出した時、画面に絵が表示されていました。
下の写真の状態です。

f:id:jun8tana:20190102062226j:plain


僕は、印字された透明フィルムが、画面保護用に貼ってあると思っていました。
それくらい、表面に印刷されている様に見えます
このフィルム、どうやって剥がすのかな?と本気で迷いました。

とりあえず電源を入れてみたら、表示が消えました。
これ、印字ではなくて表示されていたものだったのか!
これには驚きました。

あとは、バッテリーの持ちが良いことも、紙に近い感覚になれる要因かもしれません。
書いたものをずっと表示させて眺めていても、バッテリーを気にする必要がない
集中できます。

電子ペーパーを使って手書きしてみると、タブレットとは違って明らかに紙に近い感覚
落ち着いて書けます。
個人差が大きいかもしれませんが、タブレットの画面に手書きするのって、僕は何だか落ち着かないのです。
バックライトの影響でしょうか?
目への刺激が強いのか、バッテリーを消費しているのが気になるのか。
自分でもハッキリした理由は分かりません。

もし、タブレットの手書きに違和感を持っている方は、電子ペーパーを試してみる価値はあると思います。

書き味

電子ペーパーは、ペンで書くときに適度な抵抗があります。
鉛筆で書いているような感覚。
これがイイ、という方もいると思います。

僕は、どちらかと言うと抵抗なくスラスラ書ける方が好み。
抵抗は無くて良いから、ペン先の摩耗が減ってくれた方がうれしいです。

外観

紙ノート以上に画面はフラット。
手書きするときに、邪魔になるものはありません。
しかも紙みたいにフニャフニャしないし、軽いから書きやすい。
ここは、紙ノート以上に書きやすい部分です。

サイズは、A5を選んで良かったと思っています。
画面はA5、本体はB5に近い大きさ。
持ち運ぶには、これくらいのサイズが良い。
これ以上大きいと、ちょっと邪魔になりそうな気がします。

写真の左はB5ノート、中央が電子ペーパー(A5サイズ)、右はA5ノート。

f:id:jun8tana:20190104133135j:plain

動作

ページめくりとか、タッチした時の反応は、もうちょっとサクサク動いて欲しい
スマホの動作に慣れてしまうと、動作がじれったく感じます。

一方、スリープ状態からの起動は十分速い
起動して1秒くらいで使えます。これはスマホ以上の速さ。
さすが機能を絞った端末だけあります。
この速さはちょっとメモしたい時にはありがたいです。
紙のノートだって、ページを開くのにもう少し時間かかると思います。

これだけ速ければ、タスクリストなんか確認するのにも便利そう。
僕はタスクリストを手帳に書いていますが、こんなにすぐ起動するなら、電子ペーパーでも充分な気がしてきました。

「デジタル機能」の感想

電子ペーパーには、「デジタルならではの機能」があります。
これがあるから購入したので、これも重要なポイントです。
基本的には期待通りですが、不満が多い部分でもあります。

ペン

電子ペーパーは、専用ペンを使います。
このペンは、本体の横にマグネットで固定できます。
これは便利ですが、ちょっと使いにくい。
まず、ペンの突起と本体の溝を合わせないと付かないこと。
ちょっと面倒です。
そして、磁力が弱すぎること。
少し雑に扱うと、簡単にペンが外れてしまいます。

これを解消するには、ペンホルダー付きのカバーが必要ですね。
画面保護のためにも、カバーは欲しいです。
専用カバーが別売りであるので、今度買ってみます。

編集機能

「消しゴム機能」は便利です。
ペン側面のボタンを押しながら線をなぞると、消えてくれます。

感覚的には、ペン先の反対側でこすって消す方がしっくりきます。
Surface Proのペンがこの方式。ついついペンの反対側で消そうとしてしまう。
ただ、電子ペーパーのボタンを押しながら消す方式は、細かいところを消しやすい
慣れてしまえば、電子ペーパーの方式が使いやすく便利な気がします。

「切り貼り」の作業は以外と簡単。
書き込んだ後、ちょっと位置をずらしたい時に便利な機能。
最初は、操作が面倒そうで僕はほとんど使わないかも、なんて思っていました。
でも、実際に操作してみると簡単でした。
しかも使ってみると便利です。よく使う機能になりました。

スケジュール帳

このスケジュール帳、なかなか便利そう。
「月表示」、「週表示」、「日表示」を簡単に切り替えられます。
この切替の簡単さは、紙の手帳より便利かも。
また、好きなとことに新規にページをいくらでも挿入できます。

例えば、

  • 月間目標と振り返りを、月のページの後に追加
  • 一日のタスクリストやメモを追加

などの使い方もできます。

白黒なのは残念ですが、電子ペーパーは紙の手帳代わりに充分なれる気がします。

月間カレンダーは、これ。(電子ペーパーで表示する場合は白黒です)

f:id:jun8tana:20190104133035p:plain

週間カレンダーがこれ。

f:id:jun8tana:20190104133028p:plain

1日のページがこれ。

f:id:jun8tana:20190104133022p:plain

個人的に残念なのが、「月曜始まり」であること。
僕は「日曜始まり」が使いやすいので、日曜始まりも選べればいいのに

それと、もしスリープモードの画面を自分で選択できたら、凄く便利だと思います。
(現状ではスリープモードの画面は変更できなそう。)
月のカレンダーを表示させておけば、卓上カレンダー代わりになります。
タスクリストとか自分の目標を表示させても良さそう。
ブックスタンドに置けば、いつでも目について良いのにな。

データの保管

PCと同期して、手書き画面をPDFファイルとして残してくれます。
PC側でOneDriveなどのクラウドと同期させておけば、スマホでもメモを確認できます。
これは期待通りの機能

ちなみに、PDFファイルをPCから転送して電子ペーパーで閲覧することも可能。
しかも、そこに手書きで記入できます。
もし仕事で使うなら、とても便利な機能だと思います。

残念なのは、「ゴミ箱」が無いこと。
誤ってファイルを消してしまった時、復活できません。
「ゴミ箱」、「戻る」、「消去ロック」とかの機能が欲しいですね。

僕は、実際に誤ってファイルを消してしまったことがありました。

スケジュール帳をアレコレ使っている時、自分が追加したページを削除するつもりでした。
ところが、「ドキュメントの削除」を選択したら、スケジュール帳がまるまる消えてしまった。
スケジュール帳にいくつか記入してあったので、ショック。

本来は、「現在のページの削除」を選択すべきだった。
最初は「ドキュメント」と「ページ」の違いが良く分かっていなかったのが原因。
自分が悪いのですが、操作に慣れないうちはこんなミスは起こり得ます。
ゴミ箱があれば、復活できたのに・・・。
もしくは、大事なファイルは消せないようにロックできればいいのに。

価格について

電子ペーパー最大の問題は価格です。
とにかく高い。
せめて、2~3万円くらいが妥当な気がします。

電子ペーパーP02(A5サイズ)の定価は、なんと75,500円
2019年1月16日(水)14:00までは、「新発売キャンペーン」で49,800円
期間限定34%引きです。

(追記:2019年2月8日~2019年3月27日まで同様のキャンペーン開催中です)

www.fmworld.net


もし購入を考えているなら、この期間がお得です。
購入できるのは、富士通ショッピングサイト「WEB MART」のみらしいです。

いくら便利とは言っても、この値段は高すぎる。

でも、どうしても欲しくなってしまったのです。
(買った自分は、我ながらバカだなぁと思います。)
今なら安いし、自分へのクリスマスプレゼントということで、買ってしまった。

使ってみて、ほぼ期待通りだったのが救い。
それに、今のところは楽しく使っています
買い替える頃にはもっと普及して、半額くらいになって欲しいな。

「手書きのデジタル化」に興味ないとか、「タブレットの手書きで十分」という方には、買う価値のない商品かもしれません。

「これは画期的だ!」と思う人もいれば、「これの存在意義がわからない」という人もいると思います。
電子ペーパー」は、そんな商品です。
僕にとっては、こんなの欲しかった!と思える商品。

自分がどう感じるかは、実際に「電子ペーパー」を使ってみないと、わからない気もします。
お試しで一週間くらいレンタルできるといいんですけどね。

自分は、電子ペーパーをどう使う?

以上、一週間くらい使ってみた感想を書きました。
まだ使っていない機能もあるし、バッテリーの持ちとか、ペンの芯の持ちとかは不明です。
ソフトもアップデートされて機能が追加されるかも知れません。
また何か気づいたことがあれば、感想を書こうと思います。

最後に、僕はこの「電子ペーパー」をどう使っていくつもりなのか?
今考えているのは、次の3つです。

  1. 思考整理
    読んだ本の内容、ブログ記事の内容、仕事やプライベートのことなど、思考整理する時に使います。
    今までルーズリーフを使っていましたが、すでにその代わりになっています。
    たぶん、これがメインの使い道になりそう。
  2. ちょっとしたメモ
    パソコンを見ながら、ちょっとメモしたいことを書くのに使います。
    というか、すでにメモとして活躍しています。
  3. 英語の勉強
    現在、中学英語の勉強をしています。
    ノートに勉強したことをまとめていますが、それを電子ペーパーに代えてみます。
    PCと同期すればスマホでも見れるようになるので、通勤中とかふと気になった時に振り返れそうです。
    あとは、英単語をひたすら書いて覚えるとかにも活躍しそう。

スケジュール管理も使えそうですが、当面は使う予定はありません。
当面、電子ペーパーを会社に持っていくつもりは無いからです。
多分、会社でも使えばとても便利だと思います。

でも、会社で使うのは何となく抵抗があります。
珍しいものを一人だけ使っているのが恥ずかしいのかな?
ゲームを学校に持って行ってはいけない、みたいな感覚が染みついてしまっているのか?
ホント、僕は周りの目を気にしすぎですよね。

 

以上、「電子ペーパー」を使ってみた感想です。
どんな商品か、少しはイメージを掴めたでしょうか?

ちょっとした不満はありますが、僕の相棒になってくれそうな商品です。
慣れれば、無くてはならない存在になりそう。
誰にでもオススメできる商品では無いかもしれませんが、少なくとも僕は、買って後悔はしていません。

<専用カバーのレビューも書きました!>

jun8tana.hatenablog.com

 

jun8tana.hatenablog.com