穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

上手く行かない時こそ、地道な努力を!

努力しているのに、結果が出ない。
他の人は上手くいっているのに。
何でだろうって、やる気を無くしてしまいがち。
自信も無くしがち。
いろいろ考えたけれど、やっぱり努力が足りない、という結論。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190109054535j:plain

自分を磨き始めて3年経ったけれど

僕は、約3年前から自分を磨き始めました。
ビジネス書をたくさん読み始めたり、手帳を使ってスケジュール管理を習得したり。

3年前に比べれば、自分なりに成長を感じます。
でも、当時思い描いていた状態には、ほど遠い。

目に見える成果につながっていません。
特に仕事。

ここのところ何となく、停滞感があったのです。

「つくし」から得た気づき

そんな時、ヒントを得ました。

ヒントになった出来事とは、正月に川土手で、「つくし」を発見したこと。
子供が見つけたのですが、まだ「つくし」が出てくるには早いはず。
最初は、何かの見間違えだと思っていました。

でも、確認したら本当に「つくし」でした。
地面から頭を出していたのです。
それがこの写真。
(上手く撮れてないですが、赤丸の部分)

f:id:jun8tana:20190109054057j:plain

「つくし」って、2月の終り頃になって、一気にニョキニョキ生えてくるもの。
でも、すでに準備を整えている。

そして、こう思ったのです。
「そうか、目には見えなかったけれど、土の中では着々と準備を整えていたんだ。」
「目に見えるずっと前から、変化は始まっているんだ。」

この川土手の土の中では、今も多くの「つくし」が変化を始めている。
なんだか、勇気をもらえました。
(つくしには詳しくないので、たまたま異常に早いだけかもしれませんが)

f:id:jun8tana:20190109054102j:plain

目に見える変を起こすには、目に見えない部分でずっと前から準備が必要。
これは、世の中のこと何でも共通なんだと感じました。
良いことも、悪いことも。

大きな成果を出している方の著書を読むと、大変な努力をされています。
急に上手く出来るようになった訳ではない。

悪い例だと、病気だってそう。
自覚症状が出るずっと前から、病気の原因は少しずつ進行している。
気づいていないだけ。

僕も胆石で苦しんだ経験があります。
痛みはある日突然来ました。
でも、その症状が出るずっと前から、胆のうに石が少しずつ溜まっていたはず。

つまり、目に見える成果が出ないということは、準備が足りていないということ。
成果を焦るな、ということ。

もう一段レベルアップを

僕が伸び悩んでいる原因、自分の中でしか感じられない成長止まりの原因。
それは、そのレベルの努力しかしていないから。

一つは、努力の積み重ねが足りないということ。
まだ、グンと伸びるだけの準備が整っていないだけ。
何事も、急には成長・変化はしません。
地道な努力を続けることが必要なのでしょう。

もう一つは、ある程度成長したら、努力もレベルアップが必要だということ。
自分が成長すると、もっと栄養(努力)が必要になります。
ずっと変わらない栄養では、それ以上は成長しなくなる。

あれこれやりたいことは増えました。
でも、とてもやり切れる時間が無い。
どれも中途半端になっています。
だからレベルアップできていないのでしょう。

と言うことは、今の僕に必要なのは、「時間管理のスキル」かもしれません。
もっとやりたいことをやれる時間をつくること。
そのためのスキルを習得する。

3年前に比べれば、時間管理も上手くなったと自負していた。
でも、こうして考えてみると、まだまだやりたいことをやる時間が確保できていない。
もう一段階レベルアップが必要です。

 

「つくし」を見習って、グングン伸びるだけの力を着々と蓄えよう。
それがないと、目に見える変化は起こせない。
努力が足りていないことに気づかされました。
もちろん、努力の方向が間違っていれば、いくら努力しても成果は出ません。
そこにも気をつけながら、もう一度、地道に努力を続けようと決意しました。