穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

ブログは「思考体力」を鍛えてくれる

ブログを始める理由や楽しみ方は、人それぞれ。
いろいろなブログがあります。
ブログって、いろんな用途に応えてくれる懐の深い存在。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190116060127j:plain

僕はブログを始めて、この記事でちょうど200記事目。
相変わらず、如何に読まれるブログにするかは苦手です。
でも、続けることに関しては、それなりに経験を積めたと思います。

と言うことで、

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉

について書いてみました。

 

僕にとってのブログとは、一言でいうと
「自分を磨いてくれる存在」
です。

理想と現実のギャップ

ブログを始めた頃は、期待を持ち、夢が膨らんでいました。
でも、しばらくブログを続けていると、理想と現実のギャップが大きくなってしまう。
そんな人も多いのでは?
僕もそうでした。

あまりにもギャップが大きいと辛くなります。
ブログを続ける意味がないのでは?とか思ったり。

でも、ブログは奥が深いです。
最初は知らなかった楽しみ方ができます。

だから、当初の目的とか理想の姿から変えて行けます。
僕も途中でブログの目的が変わりました。

最初は、読書ブログで自分を磨きたいと思ってブログを始めました。
でも、読書だけに限定するのはもったいないと考えるようになった。

例えば、ブログには「思考体力」を育むなんて効果もあります。
これは身につけて損のないものだと思っています。

ブログは「思考体力」を育んでくれる

「思考体力」とは、落合陽一さんの本に書かれていたものです。
「これからの世界をつくる仲間たちへ」(落合 陽一)

これからの世界をつくる仲間たちへ

これからの世界をつくる仲間たちへ

 

 

ちょっと話がズレますが、せっかくなので
「なぜブログで思考体力を育むことができるのか」を説明します。

思考体力とは?

ネットや他人から得た情報を鵜呑みにするのではなく、あらためて自分で考える習慣のことです。

検索で知った答えを自分なりに解釈して、そこに書かれていない深いストーリーを語ることができること。
自分の生きてきた人生とその答えはどうやって接続されていくのかを考えられること。
自分の考えをまとめ上げ、メッセージとして伝えられる力です。

この本を読み、思考体力とはブログを書くことそのものだな、と思いました。

なぜ思考体力?

人工知能の発達は、生き方や考え方に変革を迫ります。
ホワイトカラーの仕事はコンピューターに置き換わると言われている。

すでに誰かが解決した問題は、コンピューターが強いのです。
コンピューターに置き換わらない価値を持つことで、主体的に生きられます。
「これがやりたい」というモチベーションを持って、自由に時間を使って思い通りに戦えることが幸せでもある。

誰かが気づいた問題は、既にその解決法も見つかっていることが多い。
だから、誰も気づかなかった問題を発見することが大切です。
それを見つけないと、オリジナルな解決法も考えられません。

そのためには、「思考体力」が必要なのです。

どうすれば思考体力を持てる?

ネットで知った知識をそのまま人に話しているようでは思考体力は身につきません。
思考体力は、考えたことの意味を言葉で説明する努力をすることで養われます。
抽象的なことをできるだけ具体的に言語化する習慣を持つこと。

以上のように、ブログをやれば思考体力を鍛えられるだろうなと思います。
わざわざブログにしなくても、自分のノートにまとめれば良いのでは?と思うかもしれません。

でも、自分の中だけで考えるのと、人に伝えるつもりで書くのでは、ハードルが全然違います。
ブログにすることで、考えがより洗練される気がします。

まずは続ける習慣が必要

当初とは違うブログの楽しみ方を見つける。
そのためには、続けることが必要です。

僕が考える続けるポイントは、その時の自分に合う更新頻度を掴むこと

更新頻度を上げすぎると、考えが浅くなりがち。
自分の時間も減って、辛くなりやすい。

逆に更新頻度が落ちると、思考する時間が減ってしまう。
いつの間にか更新しなくなるかもしれません。

常にブログ記事について軽く考えている状態が理想だと思います。

僕が継続できているのは、何日ごとに更新すると決めているのが良いのかもしれません。
書きたい時に書く、というと、そのまま書かなくなりそうなのです。

結局、無理せず気楽にやるのが良いのでしょうね。

以上、ブログ初心者に贈る言葉でした。