穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

【手帳活用 16】夢を実現する計画を立てる

自分の望みが叶わないかな、と待っているだけでは実現しません。
夢を実現するには、行動に移す必要があります。
どうやって行動に移すのか?
手帳を使った方法を紹介します。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190220060752p:plain


「手帳活用」の16回目。

前回までは

  • 手帳を使うとストレスが軽減、生活に充実感を得られる
  • 手帳を上手に使うには、第一世代の手帳「メモ」から順にマスターする
  • 第二世代の手帳とは、日付や時間軸の書かれた一般的な手帳

などを書いてきました。
(最初の記事はこちら)↓

jun8tana.hatenablog.com

 

今回は、夢を実現する計画作成について。
ポイントは3つです。

  • 自分の夢、目標を考える
  • 最初の一歩を踏み出す
  • 効率よく達成するステップを考える

目標を設定する手帳が第三世代

今回から第三世代の手帳となります。
第三世代の手帳では、目標を設定し、優先順位をつけてスケジュールに入れます。
具体的な目標を設定し、それをベースに半年、一ヶ月、一週間と具体的な行動を促す中間ステップを設定。
それに基づいて毎日のタスクや行動を設定、実行していくものです。

第二世代の手帳では、「いつ」「何をする」でした。
これに「何に向けて」が加わります。

例えば、仕事の効率向上だけでなく、仕事のやり方自体を変える、なんてことに取り組めます。
また、成果を出すために自分の能力を鍛えることに取り組んだりできます。

今までの自分は受け身だった

僕はずっと受け身のまま人生を過ごしてきました。
人から与えられた目標に向けて進んでいるだけ。
学生時代、勉強や部活は人から与えられた目標だった。
社会人になってからも、基本は同じ。
やらなければいけない状況だから、やっていただけ。

私生活でも、恋人が欲しい、家庭を持ちたい、会社で活躍したい、など、妄想というか望みは持っていました。
でも、自分から何か行動したかというと、何も動いていなかった。
誰かがやってくれたり、そうなる状況を待っていただけ。

当然、そんな状況で現実は変わりません。
長い間、そんな受け身の人生を歩んできました。

自分の夢、目標を考える

今までの僕に足りなかったのは、「自分で目標を考える」ことでした。
こうなったらいいな、と思うことはあっても、それを目標としていなかった。

気づけば、30歳、40歳と、どんどん歳を取っていく。
さすがにこのまま待っていてもダメだなと気づきました。
随分と時間が掛かりました。

望みを叶えたいなら、行動に移すしかないのです。

まずは、自分の望み、夢、願望を明確にしてみましょう。
自分の目標として、紙に書き出してみるだけでも違います。
それに向かって行動するんだ、という意識が必要です。

この自分の目標を手帳の最初のページに書いておくのがオススメです。
目につく場所に置き、毎日それを読むと忘れ去ることはありません。

最初の一歩を踏み出す

自分の目標が決まったら、望みや夢を実現するための、最初の一歩を踏み出します。
これは小さなことで良いです。
小さいことなら具体的になるし、行動に移しやすくなります。
それを手帳のタスクリストに書き込んでおきます。

海外旅行に行きたいなら、ガイドブックを買う。
恋人が欲しいなら、どんな出会いの場があるかネットで調べる。
会社で活躍したいなら、とりあえず1冊ビジネス書を買う。

そんな程度のことで良いと思います。
小さなことでも、自分の望みに向かって行動したことは、自信になります。
そして、次はどんな行動に取り組むのか考えてみます。
自信がつくと、どんどん行動したくなってくるものだと思います。

効率よく達成するステップを考える

望みを実現するためのステップを考えておくと、効率が良いです。
旅行に行くなら、例えば

  1. 行き先を決める
  2. 予算を決める
  3. 日程を決める
  4. 宿や交通を手配する
  5. 持ち物を準備する

など。

それぞれ、いつまでに実施するのか決めておきます。

ただ、最初に決めたステップとか期日に過剰に縛られる必要はありません。
少し行動してみて気が変われば、修正しても良いと思います。
うまくできない自分に自信を無くして、やめてしまっては永遠に実現しません。

それに、行き当たりばったりで行動してみる余地もあると、想定外の発見もあって楽しいものです。

 

以上、夢を実現する計画作成についてでした。
次回は、手帳で夢をかなえるという本を紹介します。
(次回記事はこちら↓)

jun8tana.hatenablog.com