穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

【手帳活用 19】 夢や目標を実現するための行動

自分の夢や目標を実現するには、どうしたらいいのか?
そのための行動を紹介します。
それは、「夢や目標の種を蒔き、水をやり、収穫を得る行動」です。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190330065044j:plain

「手帳活用」の19回目。

前回までは

  • 手帳を使うとストレスが軽減、生活に充実感を得られる
  • 手帳を上手に使うには、第一世代の手帳「メモ」から順にマスターする
  • 第三世代の手帳は、「いつ」「何をする」に、「何にむけて」が加わる

などを書いてきました。
(最初の記事はこちら)↓

jun8tana.hatenablog.com

今回は、夢や目標を実現するための行動を紹介します。

時間管理のマトリックスの第Ⅱ領域

前回紹介した時間管理のマトリックス
その中で夢や目標の実現への近道となる行動が第Ⅱ領域。
ポイントは、第Ⅱ領域のことを、少しでも予定に入れることです。

第Ⅱ領域とは、「緊急ではないが重要なこと」
自分を磨く活動、人間関係づくり、準備や計画、などです。

 前回記事はこちら↓

jun8tana.hatenablog.com

 

では、具体的にどんな行動なのか?

人によって価値観は違います。
だから、第Ⅱ領域の行動も人によって違うと思います。
今回紹介する行動は、あくまでも僕が第Ⅱ領域の行動だと思っているもの。
これを参考に、あなたの考える第Ⅱ領域は何か?が明確になれば良いなと思います。

第Ⅱ領域の行動をひと言でいうと
夢への種を蒔き、水をやり、収穫を得る行動
です。

大きくは3つに分類できます。

  1. 準備と計画(種蒔き)
  2. 自分を磨く(水やり)
  3. 夢や目標の実行(収穫)

以下、それぞれを詳しく説明していきます。

準備と計画

夢への種蒔き

自分の夢や目標について、準備をしたり、計画を立てる行動。
まずはここから始まります。

自分は何をやりたいのか?
具体的に考えてみます。

分からなければ、興味あるものに取り組んでみる。
いろいろやってみることで、見つかることもあると思います。

夢への種を蒔くイメージ。
すべての種が芽を出す訳ではありません。
でも、種を蒔かないことには、芽は出ません。
しっかり種蒔きをしておきましょう。

トラブルを防ぐ

もう一つ。
夢や目標とは少し離れますが、準備不足で振り回されたり、トラブルに発展するのを防ぐ行動。

例えば、

  • 仕事なら、締め切り前に計画的に取り組む
  • プレゼンなら、事前に想定問答を考えておく
  • 旅行なら、交通経路を調べたり、宿を予約する
  • 防災に備えて防災グッズを用意する

など。

これをしっかりやっておかないと、ムダなことに時間を奪われます。
大切な自分の時間を消費することになる。
結果、夢や目標への行動に取り組む時間が確保できなくなります。

準備って面倒ではありますが、結果的には近道となる場合が多いと思います。

自分を磨く

夢への水やり

芽を出した夢に、水やりします。
自分を磨く、自分をバージョンアップさせる行動です。

自分を磨くことで、夢もより大きく育ちます。
夢が枯れてしまわないように、強く育てることでもあります。

自分を磨くって、どんなことか。
参考になる本を紹介します。

第7の習慣

名著「7つの習慣」に、第7の習慣「刃を研ぐ」というものがあります。
これは、自分を磨く習慣のことです。

7つの習慣では、4つの側面をバランス良く鍛えましょう、と書かれています。
4つの側面とは

  1. 肉体
  2. 精神
  3. 知性
  4. 社会・情緒

です。

ここで、「7つの習慣」を分かりやすく噛み砕いた本を紹介します。
とても読みやすく、理解しやすい本なので、おすすめです。

安藤美冬さんの『「行動力」の育て方』

 

この本のレビュー記事も書いたので、興味あればお読みください。
こちら↓

jun8tana.hatenablog.com

 

この本では、第7の習慣の具体的行動が書かれています。
これを読むと、何となくイメージが掴めるのでは?

  • 「肉体」の側面
    ゆっくり入浴して身体をリラックスさせる
    早寝早起き
    ピラティス体幹レーニン
    鍼灸の治療

  • 「精神」の側面
    寝る前のプチ瞑想
    川沿いや公園を散歩
    神社へのお礼参り

  • 「知性」の側面
    読書
    情報デトックス(アプリ削除、SNSフォロー見直し、不要メール削除)
    口コミを鵜呑みにせず、実体験からの判断も知性を育む

  • 「社会・情緒」の側面
    人に会う
    家族、友人、メンターとの関係を保つことは、安心感を生み、気持ちの安定と情緒を育む

夢や目標の実行

これはもう、自分にとって大切なことそのものです。

  • 旅行好きなら、旅行に行く
  • 読書好きなら、読書の時間をつくる
  • スポーツ好きなら、スポーツをやったり観る時間をつくる

周りの目を気にし過ぎて、やりたいことを我慢することはありません。
仕事だって、周りに合わせてダラダラ残業する必要はありません。
サッサと帰宅して、自分にとって大切なことに時間を使いましょう。

 

以上、「夢や目標を実現するための行動」紹介でした。
これらの行動を手帳の予定にしっかりと書き込んでおきましょう。
日々が楽しく、充実してくると思います。

次回から、いよいよ第四世代の手帳について紹介していきます。