穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

より良く生きるため、自分の思考を否定する

新しい年度、新しい時代をどう生きるか?
考えてみた結果をひと言でいうと
「より良く生きるため、自分の思考を否定する」
です。

何を言っているんだ?
という感じだと思いますので、説明します。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

 

f:id:jun8tana:20190403061058p:plain

新年度が始まりました。
元号も5月から「令和」に変わります。
幸せに生きたいですね。

どんな人材を目指す?

僕のような45歳以上の会社員は、会社から必要とされなくなる恐れもあります。
どんな人材であれば、必要とされるのか?

変化できる人

社会が変わり、変わろうとしている会社も多いです。
変わろうとする会社にとって、変えることを邪魔する人は要らないと思います。
これまでのやり方に、こだわり続ける人。
今まで自分はこうやってきた。それが正しいと決めつけている。
変わろうとする組織に、そんな人がいたら悪影響を与えます。

変化に対応出来る人材になる。
今までと違うやり方を取り入れられる人です。
それを目指したい。

周りと協力できる人

一人で仕事するより、周りと協力しながら仕事を進められる人は、強い。
数倍のスピードで仕事が進む気がします。
組織が変わろうとしている時、一人では変えられません。

周りと協力しながら仕事ができる人材になる。
それを目指したい。

ただし、現状維持派には協力しません。
変わることに協力したい。

なぜ変わる必要があるのか?

なぜ、社会や会社は変わろうとしているのか?

一つは、AI/IoTなど、デジタル活用による変革が進んでいるからです。
これらによって、業務が大きく変わります。

上手く使えれば、業務のムダを無くせる。
価値を創り出す本来の業務に集中できるはず。
これまでになかった価値も創り出せる。

社内向けの仕事ばかりで、お客様に価値を提供する仕事に時間を割けていますか?
それを変えてくれる可能性を持っています。

そのためには、前例踏襲はダメなのです。

改善のためのアイデアが必要です。
改善の風土が組織に根付いていること。

効果のある改善は、そう簡単にはできません。
日頃からの訓練で、上達していくしかありません。

どう行動する?

効果的な改善を進めるために、どう行動すべきか。

目的を明確にする

デジタル導入の前に、今の業務のやり方を見直せること。
デジタル導入が目的ではありません。
業務改善が目的。

この仕事の目的は何?
本当に必要な仕事なのか?目的に合っているのか。
それを見極められること。

特に、前例踏襲のムダな仕事は減らしたい。

周りと協力する

一人では改善できないことも多いです。
周りの人の力を借りられる人、活かせる人になりたい。

そのためには、自分の考えを相手に伝わるように説明できること。
しっかり思考整理して、考え抜けること。

一方、自分の考えに固執しない。
周りの意見を受け入れられる人になる。
安易な妥協ではありません。
目的に合っていればいいのです。

固定概念にとらわれない。

今までの自分のやり方を否定できること。
ベテランほど注意ですね。

僕も、一時期、若手の仕事のやり方にいちいち文句をつけていたことがあります。
そんなやり方ではダメだと、上手く行かない理由を次から次に並べ立てる。

でも、自分が正解だと思っている方法って、本当に正しいのか?
昔は正しかったかもしれない。
でも、昔とは環境が変わっています。
想定外への対応を求められる時代。

効率的に仕事をする必要があります。
完璧にこだわり過ぎない。
今までは、完璧を目指し、時間は二の次でした。
だから、社内向けの手続きに追われ、本来価値を生む仕事に時間を割けない。

それを変える。
一度決めた計画に固執しない。

必要とされる人材であるためには、変化に対応できること。
そのためには、自分自身の思考を一度否定してみる。
そんなことが必要なのかな、と考えました。

つまり
「より良く生きるため、自分の思考を否定する」
です。