穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

広島旅行「原爆ドーム」(3日目)

2泊3日の広島旅行。
三日目に訪れたのは「原爆ドーム」。
僕の中では、日本の失敗に対する象徴という印象です。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190515060347j:plain

原爆ドーム

昔、修学旅行で広島を訪れ、お土産に原爆ドームのキーホルダーを買った記憶があります。
でも、原爆ドームの実物を見たかどうかは、曖昧。
当時の僕は、あまり関心が無かったです。

子供時代よりも太平洋戦争のことを詳しく知り、日本の組織の問題についても感じている現在。
原爆ドームをこの目で見るというのは、興味のあることに変わりました。

宮島口から、広島電鉄で「原爆ドーム前」へ。
始発の宮島口ではガラガラでしたが、広島駅に近づくにつれ、車内が混雑してきました。
原爆ドーム前に着くころには満員状態。
GWに開催されている「ひろしまフラワーフェスティバル」の影響もあるようです。

原爆ドーム前」駅を降りると、もう目の前に原爆ドームが見えました。
緑に囲まれています。

f:id:jun8tana:20190515060329j:plain

この辺りは、海外からの観光客の方が多い印象です。
原爆の傷跡は、他ではなかなか観られないからでしょうか。

僕が原爆ドームを改めで見て感じたのは、
日本人の特徴が悪い方に出た結果が、こうなったのかな、というもの。

太平洋戦争では、日本の組織の問題が多くの悲劇を生みました。
状況を正しく認識できず、誤った意思決定を続けた。
精神論だけで乗り切ろうとする無謀さ。
技術は既存の延長線で、革新的な技術が少なかった。

太平洋戦争の秘密

太平洋戦争の秘密

 

 

再びこんな失敗に陥りたくないですね。
経済的に、かつての日本の勢いは無くなっています。
それなのに、いまのやり方を変えられない。
人と同じであることが重視される雰囲気が邪魔をしているのでしょうか。

変わるという雰囲気が広がれば、日本人は凄い力を発揮する気がします。

平和記念公園

ゴールデンウィーク中は、「ひろしまフラワーフェスティバル」が開催されていました。
会場はとても賑やか。会話ができないほどでした。

広島平和記念資料館の中も見学しました。
原爆の被害に関する展示が多数。
当時の悲惨さを目の当たりにさせられます。
過去の出来事であっても、現実に起きたことなんですよね。

資料館の中と、フェスティバルが開催されている外が対照的。
資料館から出た時、現在の平和がとても際立ちました。
今は、幸せな世の中なのだと実感させられます。

f:id:jun8tana:20190515060339j:plain

以上、広島旅行でした。
日本について、改めて考えてみたり、感じることができる旅行となりました。