穏やか じゅんや

穏やかな暮らしを育むブログ。家族を大切にし、読書、手帳を使って自分を磨き、人生を楽しむ!

バブル世代は、やると決めたらトコトンやる

世代によって価値観が異なり、ギャップを感じませんか?
世代の特徴を知ることで、相手へのモヤモヤを緩和できます。
今回は、「バブル世代」の特徴をまとめました。

こんにちは。穏やかな暮らしを育んでいる「じゅんや」です。

f:id:jun8tana:20190717052612j:plain

 

各世代の特徴を教えてくれる本。
「世代論の教科書」 (阪本 節郎、原田 曜平)

 この本によると、代表的な世代として、以下があります。

  • 団塊世代:1947~49年生まれ(広義には1947~51年)
  • ポパイ・JJ世代:1952~60年生まれ
  • 新人類世代:1961~65年生まれ
  • バブル世代:1966~70年生まれ
  • 団塊ジュニア世代:1971~82年生まれ
  • さとり世代:1983~94年生まれ

今回は、本書を参考に「バブル世代」の特徴をまとめました。

バブル世代とは

バブル世代は、1966~70年(昭和41~45)生まれの方。
現在(2019年)、50歳前後の方々です。

1980年代後半、バブル景気が到来。
日本の若者たちはディスコブームに沸き、ウォータフロントで華やかなナイトライフを送りました。
国民は財テクに熱心に取り組み、円高を背景に海外旅行に出かけ、海外ブランドを買い漁った。
海外からは「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とまでいわれ、日本経済は絶頂期を迎えます。

バブル世代は、このバブル景気(1986~91年)の時期に就職した世代を指します。

バブル世代の有名人は、以下の方たちです。
福山雅治岡村隆史橋本徹三浦知良、松岡修造、織田裕二桜井和寿
小泉今日子蓮舫杉本彩森口博子勝間和代森高千里伊達公子

バブル世代の特徴

学校や教師と戦う

バブル世代が中学生から高校生のころの1980年代前半は、ツッパリ(不良)文化の最盛期。
矢沢栄吉や横浜銀蝿などのリーゼント・ロックとツッパリ・ファッションが、当時の管理教育に反発する少年層の間で大流行します。
校内暴力の発生件数が戦後最多を記録したのが、この時期です。

自分たちが中高生のころは校内暴力を起こす。
そして、親になったら今度はモンスターペアレントになります。
モンスターペアレントとは、学校にささいなことでクレームをつけ、学校関係者に迷惑をかける親。

バブル世代の一部は、常に学校や先生が敵で、一生学校や教師と戦っているように見えます。

女性が最強

バブル世代の女性は、本格的にキャリアウーマンをめざした女性も多く、バリバリと働いているバブル世代の女性が大勢います。
結婚より仕事、家庭よりもやりがいを求めて職業を全うする女性が増加。

結婚しない女性も増えました。
背景にあるのは男女雇用機会均等法
女性が責任ある仕事をずっと続けることができるようになり、結婚しなくても食べていける社会になったためです。

一方、恋愛至上主義で、女を武器にし、女子力が高い人もいます。
女性が自分に合う好みの男性を選び、ファッションのようにとっかえひっかえする。
選択権は女性にあり、男性はひたすら仕えるだけ。
当時、アッシー君、メッシー君と呼ばれる男性が出現。
アッシー君とは、自分の車で送迎させられる男性。
移動手段としての車のことを俗に「足」ということに由来しています。
メッシー君は、食事を女性に奢らされる男性のこと。
食事を俗に「めし」ということにあります。

しかし、高望みをして結構できなかった女性は、やがて「負け犬」と呼ばれることになりました。

万能感

「万能感」とは、右肩上がり志向、ブランド志向が強く、大風呂敷を広げる。
何でもできるような気がする、といった傾向のこと。
バブル世代は、この万能感が強い。

思い切りよく発言したり、行動したり。
個人の能力とうまくマッチすると、非常にいい仕事をします。
実際、いま活躍している人は、このバブル世代が多くいます。
自分の能力を余計な遠慮や自己嫌悪に陥らずに十分に発揮できているからでしょう。

バブル世代は、団塊世代と並んでパワフルな世代。
周囲に与える影響も大きいのです。

そして、バブル世代は、「貯蓄」よりも「消費」を優先する日本で唯一の世代。
バブル世代が40代の頃、必要がないのに車を買い、生命保険会社もブランド志向で選び、住宅ローンはボーナス払いの比重が高く、子供を私立に入れたいために教育費負担がとても重い、といった傾向があったそう。

ちなみに、このような特徴をもともと持っているのがアメリカ人。
貯蓄より消費を優先する文化があるから、アメリカの気駅回復は早いのです。

バブル世代の影響がプラスに作用すれば、社会全体にも大きなプラスがもたらされるかもしれません。

バブル世代に対する感想

バブル世代に対して、うらやましいと思うことは、就職の苦労が少なかったこと。
学生は、企業から接待される側になっていました。
僕も先輩から聞いた話ですが、入社を断らないと、どんどん手続きが進み、その会社に入社することになってしまうと言っていました。

ただ、バブル世代は楽をしていた訳ではありません。
入社してから、バリバリ働いているイメージがあります。
僕の勤め先でも、何ヶ月も休んでいない、なんて先輩がいました。
根性があるのでしょう。こうと決めたら、トコトンやるという印象です。
我が強いという面もありますが、良い方に使えば、とにかく凄い。

「バブル世代は、やると決めたらトコトンやる」
これが良い方向に向かうと、とても頼もしい世代です。

次回は、「団塊ジュニア世代」についてまとめてみます。